So-net無料ブログ作成

「オーラの泉」木村藤子さん(十二回) [オーラの泉30分ver.]

美輪様・・・美 江原さん・・・江 太一くん・・・太 木村さん・・・木 ナレーター・・ナと
失礼ながら省略させて頂きました。敬称なき事、ご了承下さいませ。

【オープニングトーク】
太「美輪さん」
美「はい」
太「今日はとんでもない人呼んじゃいましたね」
お三人お席に座っています。

美「あのね、超能力者とか、色々いらっしゃるでしょ?」
太「はい」
美「私が日本でね、まぁ、何人か優秀な方いらっしゃる。
  全部存じ上げてるわけじゃないけれども。
  東京の方では江原さん。沖縄の方ではやまだしょういち(?)さんて方ね。
  そして、北の方はあの青森の陸奥(むつ)の方の木村藤子(ふじこ)さんて方がね」

〔今回お招きした方は〕
【霊能者・木村藤子さん陸奥の神様と称される美輪が信頼する霊能者】

太「はい」
美「この方もホント、数少ない信頼の置ける素晴らしい霊能者の方。その方」
太「あ、そうなんすか?」
美「ええ」
太「江原さんは」美輪様、江原さんの方を向かれる。
江「お目にかかるのは初めてでね」
太「初めてなんすか!」
江「楽しみにしててね。いつもテレビとか、ずーっと拝見させて頂いててね
  素晴らしいなーって思っておりました」
太「ほぉーっ!霊界サミットですね、今日は」
美「あ、ははははははは!面白い事を言う、ふふ」大きな声で笑い。

ここで少し今回の内容の予告が入ります。

「国分太一・美輪明宏 オーラの泉」

タイトルロール。お三人、立ってゲストの木村藤子さんを、お招きしています。
皆さん席に付いて。

左手から
※木村さん、レモン色の波状のスタンドカラーのジャケット。丸い襟ぐりがフリル状の
  黒いワンピース、膝のあたりに一部柄がある。黒いバンドの付いた靴。
※太一くん、黒いスーツジャケット、下に白のTシャツを重ね着。グレーのチノパン、グレーっぽい靴。
※美輪様、紫色の長袖のドレス、ボレロ調の上着、同色の長いショール。
  銀色のハイヒールかパンプス。棒状のパーツが三本ついた耳飾。左手の薬指に
  大きなアメジスト?の指輪。黄色のストレートのロングヘア、黒いカチューシャで額を出している。
※江原さん、紗の黒い羽織。白いお着物白い足袋に草履。

太「まず、最初に美輪さんと木村さんとの出会いっていうのは」
美「ええ、あの他局の番組でね、御一緒したの」
太「へえー」
美「その時、やっぱり、あの玉石混交でね」
太「はい」
美「偽者の人達もたくさんいらして」
太「偽者の方もいらした、ほぉー」一同笑
美「そうそう、で玉の方でね。この方、欲得ずくでやってるんじゃなくて
  本当に人助けだけの気持ちーが綺麗な人で。
  それで、あのお役目でやってらっしゃる方だなとふっと思ったのね」
太「一瞬で見てわかるもんなんですか」
美「そりゃ、わかりますよ」

太「あの、初めまして、なんですよね。江原さんとは」
木「そうなんです。改めてよろしくお願いします」
江「よろしくお願いします」と、お辞儀され。
太「どうなんですか?お互い色んな力をお持ちじゃないですか。
  何か感じるものはあったりするんすか?」
江「や、木村さんのとにかく卓越した霊視能力。
  これにね、あの感服しておりましたね。で、色んな、まぁ、
  あまり言えないけどやっぱりその玉石混合、色々と、あのありますでしょう、ね。(霊能者の)」
美「インチキの人ね」
江「あははは」
江「だけど、あのぅ、あのね、本物はねあんまり怖いこと言わないです」
美「人を脅かさないんです」
江「脅かさない」
太「なるほど」

美「高飛車になったり、高圧的にもの言ったり脅かしてね、貶めて
  自分を偉そうに見せようとする。そういうのは偽者です」
太「はぁ~あ」
美「で、今、偽者が跋扈してますからね、退治しなきゃいけません、ねぇ」スタッフ笑。

美「で、あのそういう所がおありにならないのね」
江「そう」軽くうんうんと言う風に頷く木村さん。

美「それで、あの霊能力がね。あのね、わかり易く言いましょうか。
  あの、まぁ、しょっちゅうね電話したり、なんかするんですよ。
  
  んで、私がね、あのー私の周りのあの仕事関係でも友達でも無差別に十何人、
  名前を挙げたの、男の名前だけ、ずっとね」と指で数える仕草。
太「はい」

〔美輪が知人の男性の名前を無作為にあげていった〕

美「なんとか、かんとかって、どう思いますか?ってね
  こうこう。そしたらね、ある名前の所へ来たら、
  『それはね、前世であなたの家来でした』って言われたの」
太「はい」
美「でね、うちのマネージャーなのよ、ふはっはっは!」と手をパチン!と叩いて笑い。
太「うわーぁぁ!」
美「だからね、今でも家来ですって、そう言ったのよ」
木「そうですね」
太「すごい!」

【国分太一を霊視】
太「今、何かこう僕の事、木村さんが見て
  一番最初に思うこ事とうのは何ですか?」
木「私あの見まして、意外と頑固で芯が強いもの持ってはいるんですが。
  あの、それはいいんですよ。頑固でも。
  だからこそ、この仕事をどんな仕事でも出来ると思うんです。で、ずるくないんですね。
  ちょっと不器用で、だけども、とても人との、交流の中でお気を使って」
太「僕、江原さんにも頑固って言われたんですよ」
木「あ、そうですか」
太「同じような見方をされて」
美「あははは」

点線で囲った部分は「オーラの泉」スペシャルで放送された回想部分です。
-----------------------------------------------------------------------

江「その、どうしてねお若くて健康なのに腸だけがそうなるかと言うと、わりに頑固。
  あのー要するに消化出来ないんですよ。
  自分自身で不平不満があったらもう絶対テコでも、あのー『うん』とは頷かない。」
太「あははははぁー!」
江「納得いかない部分は絶対やだ。『若いのに年寄りみたいだね』って
  言われたりする位、頑固なんです」
美「ふふふふ!」
太「あーーー!」
美「ぴったし」
太「当たってるかもしれなーい」
江「ね」

-------------------------------------------------------------------------

太「俺、ほんとに頑固なんだなぁー!」スタッフ笑。
木「いやいやいや、頑固でなければ
  この仕事、世の中で生きていけないと思うから」

太「もう一つ、質問、していいですか?」
木「はい」
太「あのー実際、僕はこの仕事をずっと続けて行く
  べきなのでしょうか?どうなのか」
木「多分、あのーこの仕事、歌よりもそっちの仕事やって行くと思います」

〔国分は歌よりも司会の仕事をしていく〕

太「う、歌よりも」
木「歌よりも」
太「うすうす気付いて来ているんですけども」スタッフ含み笑気味に。
木「それと事業的な事。ええ、年齢と共にやって行くと思います」

太「はあ、そうですか」
木「はい」
太「将来っのって言うか、先の事も木村さんは見えるわけですか?」
木「もちろん、過去現在未来」
美「色んな事がね、同時に見えちゃうの」木村さんを指し。
太「えぇ~っ!?」
美「そう」

木「例えば今、国分さんの左の、ま、さっきから肩の後ろの方に、
  江原さんよりはもうちょっと細いのかな?っていう体格のよい方が、
  とても!いつも守ってる方いる。あなた知ってらっしゃる方だと思うんです」
太「僕の知ってる人ですか?」
木「ええ、あの身内血縁、これは。お父さんお元気ですよね」
太「はい、元気です」
木「じゃあ、お祖父ちゃまなのかな」
江「短髪の方ですよね」
太「髪は短い?」
江「てか、そんなに長髪じゃない人」

木「ええ、あのー・・・・・、あのね煙草吸うんですよ。
  変わった煙草の吸い方する。ええ」
太「あ、そうすか」潜めたような小さな声で、思い起こしているような表情。

太「お祖父ちゃんかもしれないな。
  お母さんのお祖父ちゃんかな。煙草吸うんですよ、すごい」
  煙草をくわえるような感じで口元に手をやり驚いたような表情。

太「覚えてる特徴ってのが煙草吸う印象、すごい持ってるんですよ」
木「ええ、後で(太一くんの家族に)聞いて下さい」
太「わかりました」
木「この方は大変あなたの事を大事に守ってる。
  守護霊となって守って下さってる方」
太「ああー・・なるほど」

木「はい。それと、とっても良い子供さんが見えるんですよ」
太「え?それ自分の子供ですか?」
木「そう、男の子供さんで」
太「男の」
木「スラリとした、男性。身長大きい。どの位あります?」
太「ぼくは(1)60~」
木「じゃあ170以上あると思う」
太「あ、ほんとすか」
木「スラッとした。この、この子はあなたのお役に立つんではないでしょうかと」
太「は~!」やや呆然としつつ、くるっと周りを見る。
美「よかったわね。老後も見てもらえるのよ、ふ、ははは!」微笑んで太一くんのほうを見る。

太「すごい!僕の家は見えますか?今」
木「・・・・・これは、自分の家ですか。」じっと太一くんのほうを見詰め。
太「はい」
木「なるほど、この入って。ちょっと入った場所ですね。ちょっと斜めに入るんですか?
  これあの道路から真っ直ぐではなく」手で方向を示す感じで。
太「そうすね、斜めに入りますね」頭の中で確認して、そうだという風な表情。
木「グリンがちょっと見えて」
太「はい、緑ありますね」
木「ちょっとだけね。ここですね、見えますね、はい。で何を聞きましょうか?」

太「僕の部屋が汚いかどうか」と、とても真剣な表情で聞く。その後少し笑顔。
美「あはははは!」江原さんパンパンと手を叩く、一同、爆笑
太「それは見えますか?」
木「今もっと調べてます」じーーーっと太一くんを凝視。
太「はい」唇を少し噛んで心持ち、緊張した表情に。

木「玄関入って。ああ、この洗濯場に洗濯物少し、まだ置いてあるのと。
  ・・・居間の方は意外とキレイにしてありますよね」
太「居間・・そうですね!キレイにしたばっかりなんですよ」
美「ふふふ」
木「あのーキレイ好きですよ?意外ととても」
太「ほんとですか?」太一くん。
木「意外、そのわりには」
太「そのわりには?」ちょっと固まったような表情。
木「はい」

太「そこ、だけにしてもらっていいですか?」
江「ぶはははっは!」
太「そこ片付けたばっかりなんですよ」
美「あははは!」
太「そこで止めてもらっていいですか?」
木「はい、わかりました」
太「よかった!」にっこりする木村さん。
江「枕元まわりまでは見ない方がいいですよ」
美「はっはっはは!」
太「あのー・・、ははははは」と髪をかいて
  こりゃ参ったなーといった感じに、くしゃっとした表情になり。

太「あそこはやっぱりキレイにした方がいいですよね、枕元」すぐぱっと真顔に。
江「ええ、衛生的に。美輪さん、おっしゃられたでしょう?
  病気とかのね色々、原因になったりとか」
美「うふふふふ」美輪様。
太「ちょぉっと、今日すごいような」

太「さて、今回ですね、この『オーラの泉』は早くも12回になりました、はい。
  それでもう、やっぱりですね視聴者の方々から、たくさんの質問が届いてるんですね。

  で、ぼくも未だに疑問に思うことがあるので。今日は、そんな質問にですね
  お答えして頂きたいのでよろしくお願いしまーす」江原さん、お辞儀される。

〔プレゼントは『念』をもらうこと〕

国生さんの回の再現シーンです。
--------------------------------------------------------------------------

美「やたらにほら、プレゼントの多い人って喜ぶじゃない。
  女でもあの男からこの男から。しかしね、それは『念』も一緒にもらうって事なの」
太「あー・・・」
美「その念も。それが『いい念』であればいい才能が来るわけ、ね。
  で、だけど、そのありがたくない人からもらった物は土砂みたいに
  ずーーっと溜まっていく訳、その念が動かないから、うん」

--------------------------------------------------------------------------

ξ 質問・・・プレゼントの処分法 ξ

太「えー『人からもらった物には“念”がこもるので処分した方が良い
  という事でしたが、リサイクルショップに売ってもいいですか?』と、
  いうような質問が来ているんですけども」

江「全てのものがと言うわけでは無いと思いますね。
  その念もだって本当にこう、お祝いの気持ちとか
  愛情のこもってる物であれば、それは悪い物ではないし。
  その、よく申し上げるのは、そういうあの『悪意』ね」
太「はい」
江「悪念を入れて、あの、贈られる物」
美「欲望ね」
江「欲望ですね」

〔処分する必要があるのは『悪念』のこもった物〕

太「その見極めっていうのは僕らでも出来るものなんですかね?」
美「いや、その状態によるでしょう?
  例えば、あんたの体が欲しいとかエッチしたいとかね。
  でー、そういう事で自分の欲望でもって『あなたを何とかしたい』って
  贈った物は念が残ってるわけでしょ?」
太「はいー・・・はーなるほどねー」
美「だからストーカーの念ですよ。それ、ろくな事がない」
太「はー」
美「ところがね、自分の気持ちをあげたい。ただあなたが幸せになってね
  あなたが良くなってくれればいいって。幸せになって欲しいなって
  愛がこもってあげた物だったら。愛の波動ってのは物凄いその人を助けるから」

〔愛の波動は人を助ける〕

美「愛の波動と欲望の波動とは違うわけ。そういう事でしょ」江原さんを見やり。
江「そうです」
太「じゃ、お友達からもらったプレゼントはもう大事にするっていう」
江「うーん、だからー、そういう何ていうんでしょう。
  『愛念』のね、こもってる物を、ま、リサイクルするっていうのもね、またちょっと」
太「おかしい話ですよね」
江「んまぁーね。不要って事であれば、あれなのかもしれないけれども」
美「うふふふ」

〔「愛念」のこもった物を処分する必要はない〕

江「『悪念』の物という事であれば、何かその違和感があるはずですよ」
太「あー、なるほど。そうですね」
江「やっぱり、その野心だとか、嫌だな、頂きたくないなとか、ね。
  あ、きっとこの人こういうつもりで、これもらったら後でまた怖いな、とかね」
太「はい」
江「そういうの、ありますでしょう?」
太「あー、はい」
江「そういうの一番いいのは。まあ、うまくお断り出来れば
  一番いいですけどね。角が立たないように」
太「そうですねー」

美「そういうの、もらった場合の方法って何か?あの」と木村さんに聞き。
木「え~・・、あの」椅子に少し座り直す
美「ございます?」
木「まず、その物の事の根本が、『心』なんですよ。
  『魔の物』を心に秘めた人には大なり小なりの『魔の物』が行きたがるんです」
太「ほぉ~」
木「ですから、類は類を呼ぶで行く。はい。その事だと思うんです」
太「なるほどー」太一くん。

江「あのね、あのー木村さんがおしゃった様な事、私は別な言い方で
  よく『波長の法則』って言うんですね。『類は友を呼ぶ』ってやつですね。

  だから、例えば自分にとってマイナスな事が起きますよね。やっぱり、生きていれば。
  それは例え、そういう物を一つもらうでも、やっぱり自分自身の心の映し出し。

  自分の魂の中にそういうやっぱり『歪み』があると言う事。
  だからそれが教えてくれてる事。まずだから、それを理解する事であって。
  だから、もちろん処分も大事だけど、処分ばかりが正しいわけじゃなくって」
太「ほぉ~」真剣に聞き入る。
江「そういう事も教訓としなければいけない、という事ですね」
太「ふ~む、なるほど。深いですね、これは」

【違和感のあるプレゼントは、もらわない事が大切】

【波長の法則・『類は友を呼ぶ』ように人間は同じ波長の物を引き寄せる】

〔ネガティブな人の回りにはネガティブな物が集まって来る。
 まず自分自身が明るくポジティブになる事が大切〕

太「もらっちゃいけない時は『自分がわからなきゃいけない』という事ですね。
  この人からはもらっちゃいけないな、って事をわきまえれば。
  リサイクルショップで売る売らない」
美「ふ、はははははは」
太「ってなる事ですよね」

ξ 質問・・・「こっくりさん」さんについて ξ

太「突然ですけども『”こっくりさん”は霊が取り憑くから良くない』と
  言いますが本当ですか?』っていう質問があるんですけど」頷く江原さん、美輪様。
太「良くないんですか」

江「基本的には低次元な、あの霊が寄るだけですね。
  降霊術の中でも一番低い、あの降霊術です。
  
  で、ある程度のちょっと霊能持ってる人だったらば
  そういう霊が寄って来て、すぐ通信取り易いんですね。
  やっぱり、高次のものではないんです。

  で、『こっくり』って、ま、色々な言い方あるんだけども
  その字ってどういう意味だかわかります?」
太「こ、あの平仮名じゃないんですか?『こっくり』っていうのは?」指で書く仕草。
美「いやいや、漢字なの」
江「漢字」
太「あ、そうなんですか。どう書くんですか?」
江「狐とか狸とか天狗とか」 こっくり〔弧狗狸〕
太「あ、て書くんですか」頷く江原さん
太「はぁー」
江「低次元な霊をね、呼ぶと言う事」

美「今、低次元とおっしゃるけど、もっと少しわかり易く言うと
  神様とかね霊的な住む、人間の世界と全く同じなのよ。

  現(うつ)し世って言ってね浮世っていうの、同じなの。
  そんで、それには、あの暴力団もあれば、愚連隊がいたり。
  ちゃんとした筋道の良い、お家もあればね。

  それと同じでもう、そういう、つまり
  どうしょうもないような下っ端の愚連隊がいっぱい来るのよ!こっくりさん」
太「こっくりさんをやれば、やったら」
美「そう。早く言えばそういう事よ」
太「あー、なるほど」

【こっくりさん=狐狗狸さん・低次元な霊を呼ぶ降霊術なのでやめた方が身のため】

太「そう、廃墟になった病院に肝試しにみんなで行ったりとかするじゃないですか。
  ああいうの、絶対に良く、ないですよね」
美「ほほほほほ」
木「行くなったって、行くんじゃないですか?そういう人達というのは、ええ」
太「でも、なんか悪い霊が憑いて来りとか」
木「ええ、そういう事、けっこうありますねー」
美「そりゃ、ぞろぞろ憑いて来る」
江「悪い霊って言うけれど、自分から行っててね、
  自分から『悪い霊』っていうのも失礼な話ですよね」
太「そうですね」

江「それにしても、もちろん霊自体も未浄化霊なんだけども。
  自分からわざわざ行ってるんだからね、それで憑いて来て
  『悪い霊』が憑いてるんですって、それもう、ずい分身勝手な話でしょう」

美「私ね、いい経験したのはね。あのー平野レミさんているでしょう。
  料理研究家今やったり、シャンソン歌ったり。でレミちゃんのお父さんが
  平野さんて仏文学の学者さんで。『お化けの会』ってのが好きでね」

〔平野威馬雄(いまお)(仏文学者)がお化けの会で京都の古寺のお墓に行った時のエピソード〕

美「でね、それでわざわざ『お化けの会』でね、京都まで行きましょうって言ってね。
  あの、あの有名なお寺の墓に行ったわけ、夜中にね。

  そしたら、とにかくね具合が悪い人とかさ倒れそうになって
  気持悪いとか頭痛いとか、色んな人いっぱい出て来たわけ」
太「はあ」太一くん。
美「で、私ずーっと見てたら、なんか平安のお公家さんみたいなね
  烏帽子(えぼし)被った人とかね色んな恰好した人がね。
  現代の人から古い人までね、いっぱい居るのよ」
太「はい」
美「それがね『なんだ!みだりに冷やかし半分に、こんな所へ来て!』
  っていう事でさ。怒ってるわけ。それが全部くっついてるわけ」

〔冷やかし半分に行くと霊が怒る〕

太「あー、なるほど」
美「そう。、それでね私、威馬雄さんに『こういうことは、二度と止めましょうね』と
  言ったんです。絶対やっちゃダメって言ったんです。
  それで私もとにかくやって。『えいっよっ!』って祓って」

〔美輪が皆に憑いた霊を祓った〕

美「で、と手を合わせて、みんな『すいませんでした』って謝って。
  『ごめんなさいね、また御休み下さい』って帰って来たきたのよ」
木「はははは」
美「そういう風に筋道通せば、ちゃんとわかるけど」

太「それで遊び半分なんかじゃ行っちゃダメ」
美「遊び半分で肝試しやなんかで行くと、そういう事になるのよ」
太「なるほど」
美「そういう事、山のようにあるわよ!」
太「うーん・・・うん、ありますよねー」
木「はい」
美「ほんとにあるの、そう」少し険しい表情の江原さん。
太「気を付けて下さいね!」
美「ね」

ξ 質問・・・霊が憑いた時の対処法 ξ

太「木村さん、色んな心霊の憑依とか見てますけども」
木「ええ」
太「そうならない為には、どうしたら」
木「『霊体』とういのは、助けを求めてくる場合が多いんです」
太「あ、そうなんですか」
木「ええ、全てが悪い者と、憑依する者は悪い者というわけでは無いんです」。
太「あぁー」
木「SOS。とても無念さを抱えた気の毒な霊体もあります」
太「はい」

木「あの、ですから遊び半分じゃなく、憑依されたらば、
  自分には助けてあげたいけれども出来ないから、そう
  『南無阿弥陀仏』か『般若心経』かで、それで、お引取りしてもらえば」
太「あー・・・」

美「人間と全く同じなのよ霊は全く。姿が無いだけで人間と同じ。
  人間も聞き分けのいい人、聞き分けの悪い人。
  
  何度言ってもね同じ事を何度言い聞かせてもね
  すぐ忘れちゃった。また、罪を犯す人とかね」
太「はいはい」
美「そういう人間も、いるのよ」
太「あー」
美「これは性質(たち)悪いわねー」
太「あー・・」
美「もう、はらっても切ってもまた来るんだもん」
太「ははー、なるほどー」
美「そう。だからねバカは死ななきゃ直らないって嘘よ、あれは。
  死んでも直らない」
太「あははははははは」一同和やかに笑。
美「そう」

【霊は助けを求めて憑く】
〔『助ける事はできないので、『お引取り下さい』と念じる〕

太「霊に対する考えを僕達は
  もうちょっと変えるべきだって事ですよね?」
木「根本からね。ええ、霊は怖いんじゃないんだ、と」
江「霊は怖いんじゃないんだと」
太「どうしても『霊』って言っちゃうと怖いイメージが。
  なんですかね、やっぱ映画の影響とかもあるんですか」

江「それ言ったら人間みんな怖いっていうか」
太「そうですよね、今、美輪さんが言ったように色んな人間がいるっていうか」
美「だからね、姿が見えるか見えないか。それだけの違いなの」
木「人間の方が怖いですよね、汚くって、もっともっと、ええ」

太「あの、木村さんはオーラというのは見えるんですか?」
木「あ、見えません」
太「あ、オーラは見えないんですか」
木「はい、今日は楽しみにしておりました」にっこり微笑む。
江「ふふ」と微笑み返す。
木「よろしくお願い致します、もう」
美「はは」と美輪様の笑い声が被さる。お辞儀をお互いにする木村さん、江原さん。

木「わあ、真っ黒だったらどうしよう!」頬を押さえる。
美「あははははは!」
木「いや、本当にそう思って、はい」

【木村藤子・オーラのカルテ】

太「江原さんに、オーラを、ちょっと見てもらいましょう」
木「はい、よろしくお願いします」椅子に少し座りなおす
美「ふふふ」

江「いや、それがね。とってもすてきなオーラなんですけどね。
  一番ね周りに金の枠が入ってて、とてもきれいななんですけどね。
  やっぱりね、紫とかわぁーっと入ってるんですね」

〔オーラの色・金の枠がついた紫〕

江「ただね、あのぅ、とても私初めて見る事があってね」
太「はい」
江「それが、あのー真ん中から日の出が見えるんですよ」
太「日の出?」
江「日の出」木村さん笑い。

江「で、山があってねそこから光が、ぱぁーっと上がって来て」
  右手で胸元から顔の辺りへ下から上へ上がる風に。
美「すてきじゃない」
江「そういう映像。でね、それがどうもね。
  木村さん自身にこう関わりのあるね。
  縁のあるその神様、の何か関わりみたいなものであってね。

  それでいっつもその光、に守られている、導かれているっていうようなね
  状況見えて来るんですね。あの、オーラとはちょっと違うんですけどね。

  オーラの色は、とても金の色とかが入ってて。
  ただやっぱり、こんな事言うの大変申し訳無いんですけどね。

  やっぱり、あの肉体である以上、人間である以上やっぱり
  お疲れをね。相当溜まってらっしゃるなぁっていうのはね
  あの拝見して本当に思っていて。ご苦労様でございます。」ぺこりと頭を下げられ。
木「ありがとうございます」頭を下げられ。

美「やっぱり、あの体は物質だからね」
太「はい、はい」
美「あのー肉体までが、その霊とは違うわけだから」
太「あー・・そうすか」
美「だから、あの物質は物質ですからね」
太「あ~・・」
美「うん」
太「そうです。少し休んだ方がいいですよ!」
木「ま、そうですか」
江「それこそ使命ですよね」
木「そうですねー、ええ。じゃ」

美「ひっきりなしで見てらっしゃるんでしょ?」
木「え~・・私達というのは使命は果たすまで。
  ご苦労さんって言われるまで」
美「いつだったか、ねぇ、あのほら木村さんと二人で並んでる時にね」
木「ええ」
美「で、目の方がね、ずい分こう~、疲れてらっしゃるのね。
  それで『あの、なんか目がずい分お疲れですねぇ』って申し上げたらね。

  そしたらね『私は誰にもね言いませんでしたけど
  実はね、あのー目が、ここんとこちょっと』」
太「あー・・」
木「そうなんですよ。こう、見るもんですから頭で見ればいいんでしょうけど。
  で、見える物そのまま習慣として見て行くんですよね。
  それを美輪さんの方から『目が疲れてますね』って。
  『あ、すごい。見られた』っていう感じで」

太「美輪さんは、すごいっすねー!」
美「なんで?いや私はね、私はお役目させて頂いてるだけ。
  だから上の観音様とか愛染明王だとか色んな神様がたくさんいらっしゃるのね。
  そういった方達がずぅーっと、あれして。指令が来るの。私じゃないの」
太「ほー、ほんとすか」
美「私が、お仕えさせられてるだけ」

木「そこなんですよね。自分がえらいんじゃなくって・・
  あのー神様が使うんです。けっして透視が、または
  そういう神様からの指令がえらいとか、そーんなんじゃないんです。
  うん、だからそこで欲得は出ないんですね」

美「よく変てこりんな人はね自分がそういうモノが見えたり
  で、自分が直したりやってやるのと」
木「そう」
美「錯覚起こす人がいるのよ」
太「そういう印象、イメージですけどね。僕なんかは」

木「そうであれば、あのー全然、そういう教えてもらう事も
  感ずる事も見える事も出来ないと思いますね。

  なぜかと言うと、それを事業、商売に出来る事は知ってますよ。
  そういう事はしない、だけなんですね。我々の厳しい『心の掟』があるんです」
太「んー・・・」
美「それをやるとね、取り上げらちゃうの」手をぱっと上げる。
木「そうそう」
太「取り上げられる」
江「そうそう。そしてまたね。それを利用する人達がいっぱいいるんです。
  利用しようとして。それでみーんな崩れていくんです。」残念そうな表情で。

太「あーなるほどー。なんで、こう美輪さんの周りには
  色んな力を持った人達が集まると思いますか?」
木「私はね、良いもの、『良い魂』を持ってる人には『良い魂』が集まると。
  『良い魂』は、より引っ張り合って、で、何か教えて行くと」
美「そう、神様の言葉でね『清き川に清き水流れる』って言葉があるのよ」
太「ああー、きれいなー言葉ですね」
美「集まって来るのよ」
太「ほぉー」

【オーラの言葉・清き川に清き水流れる】

美「きれいな水に」
太「ここ今、僕を入れて四人じゃないですか」
美「うん」
太「僕は、『きれいな魂』だから、皆さんに、会えてるんですか?!」
美「もちろんそうよ」
木「『目』はね、汚い根性ではないと私」
美「そうそう」
木「思うんですよ」
太「マジですか!」嬉しそうに。
江「いや、本当にそう思いますよ」
太「間違った目じゃないって事ですか?」目を指し示し。
木「その目とは、また違うんですよ」
太「違うんすか?」
木「目の奥に潜む魂の」
美「心の目ね」
木「そうそう、そうそう」
太「はぁー、が、きれいっていうか。・・、うーれしーい!ひひひ!」満面の笑顔。一同爆笑。
美「やほーだわね」
太「もう、うーれしーすね!」

【エンディングトーク】
太「何か見ている人達が何か一つでも感じるものがあったら、とても良い事ですよね。
  今日、このえっとー、霊界サミット。」
美「ははははは!」
太「でー、お話になった事が。ホントに僕、思ったのが
  ほんと、自分できれいな魂を磨かなければ。
  誰かに磨いてもらえるのでなく、自分で色々と築いて」
木「ゴシゴシゴシゴシで、自分で、自分の心でね、磨いて。
  その方が、よろしいと思います」
太「是非、この霊界サミット2は」
美「ははははは」美輪様
太「どこか」
美「もうね、だけど色んな不思議な話をしたら一万年位かかるわよね」スタッフ笑。

【オーラの言葉・・清き川に清き水流れる。
 心が美しい人と付き合いたければ、まず自分の心を磨く事】

次回のゲストはマルシアさんとの事です。
今回とても長くなりましたが読んで下さってありがとうございました。

↓「ニュースの視点」さんに、きれいに要約されたものがありますよ。
http://blog.livedoor.jp/muramatsuk/tb.cgi/25944735


nice!(5)  コメント(84)  トラックバック(4) 
共通テーマ:テレビ

nice! 5

コメント 84

こべあ

オーラの泉を今回だけ時間を間違えて録画してしまい、とっても残念に思って検索しておりましたら、このブログを見つけることができました。ひとことお礼がいいたくて書かせていただきました。ありがとうございます。
by こべあ (2005-06-22 18:08) 

hana

私の住む地域ではオーラの泉が放送されていないので、ブログにupされるのを楽しみにしております。非常に詳細に書かれているので、内容がよく分かります。どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
by hana (2005-06-22 18:33) 

こう

 僕も録画ミスをしてしまいましたが、このブログのおかげで助かりました。テープおこしは想像よりはるかに手間のかかる作業だと思いますが、毎回超迅速にUPしていただいて感謝の気持ちで一杯です。
 また、第1回からはカストラートいう言葉が分かったので、さっそくDVDでそのタイトルの映画を見ることができました。ありがとうございました。
by こう (2005-06-22 21:33) 

ルナママ

 オーラの泉、いつも観ようと思っているのですが、見忘れたり、録画ミスが2回続いたりで・・・私は見てはいけないという事かしら・・・と思っているところにダメもとで検索したらこちらにたどり着きました。これからも、よろしくお願いします。楽しみにしています。ありがとうございました!!
by ルナママ (2005-06-22 23:10) 

すいーと

こんばんは。いつもご苦労様です。
美輪様がおっしゃった「偽者が跋扈してますからね」というのは
もしやあの方だろうか・・・とか考えてしまいました(^^;
(すぐ人に不幸にナルワヨーとか言ってる方)
いつも思うのですが、美輪様って本当に日本語を綺麗に話されますよね。
すごいなぁ・・・。
by すいーと (2005-06-23 00:02) 

さやこ

kanonさん、こんばんは。いつもありがとうございます。国分くんはまだもう少しカエル飼ってるみたいですね~(^^)
しかし考えてみれば、「弱い立場にある人に脅しをかけるようではまだまだ」
というのは、何も霊能力者に限ったことではありませんね。
誰しもいつかは社会人としてとか人の親としてとか、「先輩」であることを
求められる場面が増えていくのだから、ひとごとではないなと感じました。
by さやこ (2005-06-23 01:40) 

眠り姫

木村さんの回のオーラの泉を録画ミスで見逃してしまって、内容を少しでも知ることできないかなあと捜していたところ、このサイトにたどりつきました(^^)また他の見逃した回を読む事も出来て本当にうれしかったです。本当にありがとうございました。オーラのところ、だけではなくて、他のところも色々と読ませて頂こうと思っています。
by 眠り姫 (2005-06-23 11:54) 

さくぼん

Kanonさんこんにちは(^^) 
毎週楽しく拝見しています。今回のゲスト、木村藤子さんはそんなに
有名な方だったんですね。知らなかった・・。それにしても霊界サミットって(笑)最近我が家にも訳あって霊能者の方に来てもらったんですけど、ちょと偽者の
臭いがしましたよ~。本物を見極める目を持たないと、よけいにひどい目にあいそうですね。まあそれが素人には難しいんですけど(^^;  
by さくぼん (2005-06-23 16:17) 

ゆうゆ

いつもありがとうございます。

やっぱり最近嫌な人にばっかり会うなーとか思うときは
自分の心が悪くなってるって思うほうが良いですね・・・。
逆な場合は自信もとうーと思いました(笑)
by ゆうゆ (2005-06-23 19:11) 

NYAO

Kanonさん、こんばんは、先日は遊びに来てくださってありがとうございました。
今回の記事はすごく緻密なレビューですね。私はこの回なんとか録画できました。で、母用に録画してあるビデオで復習(笑)をするのですが、今回は復習の回数はぐっと減りそうです。的確なテキストだわ\(≧▽≦)/♪。
さて、Kanonさんのブログとリンクさせていただきたいと、私も思っているのですがよろしいでしょうか??私のブログは無精丸出しで、恐縮してしまいますが、よろしかったらよろしくお願いいたしますm(__)m。
by NYAO (2005-06-23 22:26) 

kanon

> こべあさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
時間、30分遅れだったのですよね。先週の予告で言ってくれればいいのに。
HPにも書いてないのですよね。美輪様のHPで確認したら、6/27(来週)と、7/18はまた30分遅れの予定とありました。当日の新聞は要チェックですね。お役に立てて、何よりです(^^)

hana さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
なかなか、放送地域が拡大されないのを歯痒く思っております。
詳細と言って頂いて恐縮です。こちらこそこれからも宜しくお願いします。

>こうさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
録画ミス、これ、本当に辛いんですよね。
カストラートのDVDの映画みられて、お役に立ててよかったです。
こべあさんのコメントにも書きましたが、6/27(来週)、7/18は又30分遅れの予定とありました。TV欄、当日チェックされて、今度はばっちり録れます様に!

ルナママさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
ママさんなのでしょうか?ならば、お忙しくて、見忘れたり、録画ミスが2回続いたりってなりますよね。見てはいけないなんて絶対ありませんよ!放送の方も見れるといいですね。こちらこそ、これからも、よろしくお願いします。

すいーと さん、こんばんは。
>「偽者が跋扈してますからね」というのはもしや、あの方?でも、職業は占い師なんですよね?確か・・・。霊能者に格上げされてるのかな?(^^;)
>美輪様の日本語は綺麗ですよね。同感です(^^)

>さやこさん、こんばんは。
>誰しもいつかは社会人としてとか人の親としてとか、「先輩」であることを
求められる場面が増えていくのだから、ひとごとではないな。
ほんと、そうですね。なかなか、なれませんがでも、努力はしていたいですね。

眠り姫さん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
録画ミス、残念でしたね。他の見逃した回を読んで下さったという事で、お役に立ててよかったです。他のところも読んで下さるのですか?あほな記事ばかりなのですが、お時間ある時にでも、よかったらよろしくお願いします。


さくぼんさん、こんばんは。 
毎週読んで下さってるとのお言葉、嬉しいです。
さくぼんさんは霊能者の方に来てもらったんですか!大丈夫でしたか?偽者の臭い・・。素人には本当に判断し難いですよね。お気をつけて下さいね!  

ゆうゆさん、こんばんは。
私も自分が後ろ向きな時はそういえば・・と幾つか思い当たったりしました。
>逆な場合は自信もとうーと思いました(笑)
本当に(^^)。落ち込む時はさっと落ち込んで
素早く、前向きになるようにしたいですね!
by kanon (2005-06-23 23:19) 

kanon

>NYAOさん、こちらでははじめまして。
先日はようやく勇気をだして、カキコさせて頂きました。
こちらにも遊びに来て下さって、ありがとうございました。
お母さん用に録画してあるビデオで復習されてるのですか。凄いです。
的確なテキスト(?)だといいのですが(^^;)
ところで、リンクさせて頂いていいのですか!
嬉しいです。こちらこそ、よろしくお願い致します。
by kanon (2005-06-23 23:20) 

ハーモニー

昨日いつものように、録画を観ようとしたら時間がずれていてがっかりしていたところでした。特に霊能者の方の話だったので尚更です。今週末デズニーシーに行くので色々調べていたらこちらのサイトを見つけ、もう嬉しくて一気に読ませていただきました。感謝申し上げます。又読ませていただきます。ありがとうございました。
by ハーモニー (2005-06-24 01:32) 

kanon

ハーモニーさん、はじまして。
お役に立ててよかったです。
今頃はデズニーシーからのお帰りでしょうか?
by kanon (2005-06-26 22:37) 

はなきえ

こんばんわ、初めまして。
ビデオを撮り忘れていたのですごく内容が全て分かり感無量です。
本当にうれしかったです。
詳細が分かりありがたいです。こんなに丁寧に・・・本当にありがとうございます。
by はなきえ (2005-06-27 19:51) 

kanon

はなきえ さん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
とり忘れ、ショックですよね・・・。お役に立ててよかったです。
by kanon (2005-06-27 23:57) 

リョンタ

あれ、皆さん録画ミスの人多かったんですね!実は私も録画ミスしてしまった一人で、こちらのブログに到達してしまいました。あれたぶん時間変更したんですね。全部の言葉や情景描写が克明に書かれてて、テレビ見てるように内容がよく見えました。kanon様ありがとうございました。
by リョンタ (2005-06-28 05:20) 

kyoko

私もビデオ録画を失敗してしまいました。新聞とっていないので開始時間がズレるのがわからなくてマルシアさんと木村さんが観られませんでした。
特に木村さんのが観たかったのでこのサイトに巡り会えてホントによかったです!これからも楽しみにしています!
by kyoko (2005-06-28 12:41) 

なつみ

 おひさしぶりですKANONさん。
初回の及川さん以来、パソコンが使えなかったのですが、最近復活して、KANONさんのブログをやっと見つけることができました。・・まだずっと続けてくれて凄くうれしいです。ありがとうございます。
 私は九州なのでまだ「ぐっさん」、までしか放送されてなくて次も何時放送かわからないけどKANONさんので学習させてもらってます。感謝、感謝です。
 
 そうそうこの前、黒蜥蜴を観に行きました。照明が真っ暗の中、役者さんが私の目の前を並んで歩いていたのですが そこに美輪さんを見つけることができませんでした。 舞台にまで行き照明がついた時、まるっきりご婦人と思っていた方が美輪さんでした。 気を控えていたのかな?
 脚本を書かれた、故・三島由紀夫氏 が「丸山明宏は女装の天才」と言うようなことを何かの雑誌に書かれていましたが全くその通りですね。女装とはただ女のふりをするだけでは仮装ですからね。 考え方、気持ち、身のこなし振る舞い 美しい心 母性愛・・・とにかく言いようのない域を十分理解しそれを超えられているからでしょうか? 美輪さんにそんなことができるのは・・・。
 私自身、あれほど大好きな美輪さんを全くわからなかったのがとてもショックでした。それだけ、すごかったのです。
 ところで江原さんが本でカルマの法則について幾度か書かれていますが、KANONさんにもよいカルマが巡ってきますように・・・・だって、私が凄く助かっているから。 
 本当にいつもご苦労様です。
                                         なつみ
by なつみ (2005-06-28 16:46) 

kanon

>リョンタさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。時間ずれ、困りますよね。
お役に立ててよかったです。

kyokoさん、はじめまして。
新聞とっていないと、ズレ気付けなかったですよね。公式HPでも
案内されてましたから、念のため毎週チェックされるといいかもしれませんね。

木村さんの回はとてもよかったので、いつもより早めにアップ出来ました。
マルシアさんの回もso-netのメンテナンスがあるので、なんとか水曜までに出来たらと今必死で頑張ってます。
>このサイトに巡り会えてホントによかった
と言って頂けて嬉しかったです。こちらこそ、これからも宜しくお願いします。
by kanon (2005-06-28 22:07) 

kanon

なつみ さん、おひさしぶりです。
最近復活されたとの事、おめでとうございます!
うちのブログ探して下さったんですね、・・ありがとうございます!
ブログ名変えてしまったのですみません、大変な思いさせてしまったのでは?なつみさんをはじめ、皆さんがコメント下さったおかげで、
なんとか続けて来れました。こちらこそまた、いらして下さって嬉しいです。
「ぐっさん」までしか放送されてないのですか。
続きももっと放送されるよう願ってます。

「黒蜥蜴」の感想もありがとうございました。なつみさんがまるっきり
ご婦人かと思ったのが美輪様。完璧に女性を演じられてたのでしょうか?
気って美輪様レベルになるとコントロールできるものなのでしょうか?
大ファンのなつみさんが気がつかなかったって演技、凄いですね!
 
カルマの法則・・・。私もなつみさんから、コメント下さる皆さんから
何か目に見えない良いものを頂いてけてる気がします。気のせいかな(笑)
ただ、聞き書きさせてもらえてるだけの身なんですけれどもね、本当に。
そう願って下さるなつみさんにも良いカルマが巡ってきますように・・・。                                  
by kanon (2005-06-28 22:46) 

さら

私は是非、木村藤子さんにお会いしたいと思っているのですが、連絡先などわかりません。ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。
by さら (2005-06-29 12:51) 

kanon

さらさん、はじめまして。
申し訳ないのですが、こちらは掲示板ではないので、ここで他の方にお聞きになられても、他の方ももし、知っておられても気を遣われて書きにくいと思います。「木村藤子」さんで検索かけると、切羽詰った状況でお困りの方には連絡を取って下さるような掲示板(青森地方の地名が付きます)は存在するようなので、検索されてみては如何でしょうか?
by kanon (2005-07-02 00:05) 

ようこ

毎週、かかさず見ているのですが、なぜかなぜか、木村さんの回は見逃してしまいました。(寝てしまいました)偶然は必然??
おかげで、内容が分かり、本当にありがとうございました♪
by ようこ (2005-07-06 21:56) 

kanon

ようこさん、はじめまして。
木村さんの回だけ見逃してしまったとは!そういう時ってありますよね。
私も他のドラマなどではよくやってしまいます。
お役に立ててよかったです。
by kanon (2005-07-06 23:42) 

ふん

つい最近『オーラの泉』を知りまして、過去の放送はどんなお話だったのかな~と、気になっていたところこちらのブログを知りました。               ありがとうございます!嬉しくて夢中で読んでしまいました。           おかげで、木村藤子さんを知る事も出来ました。                  本当にありがとうございました♪ 
by ふん (2005-09-10 23:32) 

kanon

ふんさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
>つい最近『オーラの泉』を知りまして、過去の放送はどんなお話だったの
かな~と、気になっていたところこちらのブログを知りました。 

ようこそです。お役に立てて、よかったです^^
以前の回のって気になりますものね。
by kanon (2005-09-13 00:01) 

gaja

初めて、こちらのページ、拝見しました。
オーラの泉スペシャルを昨日見まして、番組のHPを見て、
木村さんとはどう言う方なのか知りたくて、こちらまで辿り着きました。
ほんとに、勉強になりました。
ありがとうございました!
こちらのHPの存在に感謝!!です。
どうぞ、くれぐれもお身体大切にお過ごし下さい。
by gaja (2005-10-16 18:48) 

kanon

gajaさん、初めまして。
>こちらのページ、拝見しました。
ありがとうございます。
>オーラの泉スペシャルを昨日見まして、番組のHPを見て、
>木村さんとはどう言う方なのか知りたくて、こちらまで辿り着きました。
>ほんとに、勉強になりました。

スペシャルがきっかけで、公式をご覧になってここまで。
お疲れ様でした。そして、お役に立てたなら何よりです。
お心遣いのお言葉もありがとうございました。
by kanon (2005-10-17 20:04) 

ともこ

はじめまして!
先日、木村藤子さんの話題になりまして、
そういえば『オーラの泉』に出ていたようなと思い出し、こちらのブログに辿り着きました。
私も見忘れてしまったのですが、こちらで詳細に書かれていたので、
実際に番組を見ているようでした。
ほんとうにありがとうございました!!

ちなみに私の友人は、木村さんに見ていただいたことがあるそうです。
いつの日か私も江原さんや美輪さん、木村さんに見ていただくのが夢です
(みんなが思うことでしょうね)
『オーラの泉』は本当に素敵な番組ですよね。
これからもがんばってください!!
by ともこ (2005-11-05 17:53) 

kanon

ともこ さん、はじめまして。
お役に立ててよかったです。
ご友人は木村さんに見ていただいたのですね!羨ましいけれど、
大変な悩みがあったのですね。木村さんのお力で解決されたのでしょうね。

>いつの日か私も江原さんや美輪さん、木村さんに見ていただくのが夢です
(みんなが思うことでしょうね)
 叶うと良いですよね^^私も見て頂けたらいいのになあと思ったりします。
 励ましのお言葉、ありがとうございました。
by kanon (2005-11-07 18:22) 

風子

kanonさまに、どんな言葉でお礼をいったらよいのか解りません。ここにたどり着いてほんとに有難い気持ちでいっぱいです。また、おじゃまさせてくださいませ。有難うございました。
by 風子 (2005-12-29 14:24) 

kanon

風子さん、初めまして。
レスが遅くなってしまい、すみませんでした。
そんな、お礼なんて。こちらこそ、読んで下さってありがとうございました。
また、お時間のある時に、寄って下さると嬉しいです。
by kanon (2006-01-04 01:09) 

はじめまして

素敵なブログありがとうございます。今後も見逃した回等楽しませて頂きます。どうぞ時節柄ご自愛下さいね☆
by はじめまして (2006-01-09 18:19) 

kanon

はじめましてさん、こんばんは。はじめまして。
コメントのレスが遅くなってしまい、すみませんでした。

>今後も見逃した回等楽しませて頂きます。
 その時は、お役に立てれば嬉しいです。
 お心遣いのお言葉もありがとうございました。
by kanon (2006-01-14 20:05) 

sophia8224

木村藤子さんとか、本物の的中率の非常に高い神職に関して書くと、この世に跳梁跋扈する詐欺師、偽霊能者が怒って、ネット荒らしが始まります。私も今日、一通、差出人住所氏名不明の葉書が来て、脅されました。警察に問い合わせたところ、[刑法の罪には当たらない」との事ですが、詐欺師や、似非占い師や似非霊能者は、商売上がったり荷為るので、全力で、真の聖者を、邪魔妨害しようとします。出ないと、木村さんに連絡が集中して、自分たちがお飯食い上げになってしまうから。悪人ほど、狡猾です。木村さんだったら、住所氏名は、高校生の常識が遭ったら、調べられます。本当、詐欺師って、嫌ですね。僕も、大分の方の譜不動産物件で、200万円を騙し取られる危機のときに、唯一、「これは買わないほうが良い」と、アドバイスを下さったのが、木村藤子さんでした。大分の不動産業者は、詐欺師でした。というのは、私が、登記署に、物件の真の所有者を調べて、電話したら、その方は、「その物件は、確かに私のものだが、売りもしないし、そこは田で、建物なんて、建ってない。」との事でした。木村先生の透視見事的中です。詐欺師の大分の不動産業者は、木村藤子先生のせいで、200万円を、騙し取り損ねたわけで、烈火のごとく怒り、大分県内の他不動産業者に、私のありもしない悪口を電話掛け捲り、復讐してきました。木村藤子さんについては、あまり書きすぎると、ネット荒らし、詐欺師、が困り攻撃してくるので、気をつけてください。幸福をお祈りも仕上げます。
by sophia8224 (2006-04-20 16:50) 

トトカルチョ・チョリ衛門

会話の内容を読むだけで、すごいパワーを感じますね。うーん、すごいな!!
by トトカルチョ・チョリ衛門 (2006-07-25 21:10) 

みやじ

はじめまして、みやじと申します。
オーラの泉は毎週欠かさず見ております。
見始めたのが去年の暮れ頃からなので、バックナンバーを探しておりましたところ、ここで見ることができたので大変助かりました。
本当にありがとうございました。
by みやじ (2006-09-16 09:23) 

修行中の者

このページのおかげで,いい言葉に出会う事ができました。感謝いたします。
by 修行中の者 (2007-01-19 23:45) 

支払い中です。

はじめまして。金スマを見て見逃したと思ったところ補うことができました。
ありがとうございました。
by 支払い中です。 (2007-01-20 00:00) 

リリー

オーラの泉は毎週欠かさず見ています。主人の事でとても悩んでいます。是非、木村藤子さんにお会いしたいのですが連絡先が分かりません。ご存知の方がありましたら是非教えて下さい。  お願いします。
by リリー (2007-01-20 00:22) 

plkじ

現在木村さんにたくさん電話をしている方がいると思います。電話がつながったんですが、木村さんへの予約は16時からだそうなので、16時以降に電話をしてください。
by plkじ (2007-01-20 08:17) 

tosiko

昨日みました。{気づきが幸せにする」という言葉が心に残りました。
by tosiko (2007-01-20 11:02) 

yocchi

m(__)m ありがとうございますm(__)m
この前、金スマ?で木村藤子さんを知り、どう言う人か知りたくてインターネットで検索したらここに
行き着きました。 会話の内容が全て書いてあり、
見たような錯覚にもなりました。
どうもありがとうございました。m(__)m
by yocchi (2007-01-21 10:07) 

うんたん

木村藤子さんのことを検索していまして、こちらのページにたどり着きました。昨年からオーラの泉は見ていましたが、何回か見逃した回に木村藤子さんの回もあったようで、今回こちらで見れて良かったです。
いつの日か見てもらいに(お忙しいし、順番もすごいでしょうね。)行けたらいいのですが(^^)難しいかもですね。人に感謝を忘れず、すべて自分に帰ってくるんですから良い行いを、心がけます。
こちらのページを拝見させていただきありがとうございました。感謝です♪
by うんたん (2007-01-22 00:55) 

トーコ

金スマ、私も見ました。オーラの泉は、夜中にやっているころは、番組の存在さえ知らなかったんですよ。
うーん。木村さんの回、見たかったな~。でも、こちらのブログで雰囲気を感じることが出来ました。
ありがとうございました。
by トーコ (2007-01-24 17:14) 

にゃんにゃん

いつも見ています!!!
なかなか水曜日って見れずじまいなんです↓
今回も助かりました♪
この放送ではあんまり江原さんのお言葉が見当たらないような気がします。。。

きっとまたこのブログにはお世話になるかと思います。
頑張ってください!!
変なコメント、すいません;;
by にゃんにゃん (2007-01-26 21:16) 

Kanonさん、はじめまして、こんにちは。
多くの方がコメントされてるように、
私もKanonさんのブログに助けられた一人です!
コメント欄は休まれていたのですね。
ブログ歴一週間で仕組みをあまり把握できておらず‥
やっとコメントすることが出来てよかったです(^-^)

私事ですが、、
江原さんが出演されている近畿圏で放送中の番組『痛快エブリデイ』
”心の処方箋”のコーナーを今年からブログにてupしています。
10分程のVTRなのですが、Kanonさんのご苦労はいかばかりかと
痛感いたしました。またよろしければ覗きに来てみて下さいね。

それでは、お体お大事に‥。
by (2007-01-27 01:31) 

れいな

初めまして。父の介護で仕事から遠ざかり、家族関係も複雑で、
将来のことが不安で仕方ありません。
木村さんのことは、テレビを見ないでしまったので、
遅ればせながら週刊誌の立ち読みで知りました。
もっと早くテレビを拝見しておけばよかったと後悔しています。
連絡先が分からないのですが、
その前に心をおおらかにしたり、ブログを全部読んだりして、
勉強したいと思います。
by れいな (2007-02-04 15:52) 

み~こ

教えてください。

私は、ブログをやっていて、ひとりさんの「ポジティブ」のところだけを、引用させてもらいたいんですけど、それは、よくないんですかね?

みなさんは、そのまま 引用されてませんか?

それと、 このブログも一緒に紹介したいとも思ってるんですけど。

それも失礼なことなんですかね?

ほんと、分からないので 教えてください。

友達に紹介したいだけなんですけど 
by み~こ (2007-02-07 13:25) 

とおりすがり

ども。 たぶんすでにご存知だとは思いますけど…。
「双頭の鷲」の神奈川公演チケット、2月10日(土)発売のようです。
http://www.zen-a.co.jp/soutounowashi/index.html
by とおりすがり (2007-02-08 22:23) 

ちゃ~み~♪

はじめまして、kanonさん、私も、momongaさん同様、ブログを始めてまもないばかりか、パソコンの知識も殆ど無く、コメントをお休みとの事でしたが、リンクを貼らせて頂くお礼と、大阪で放送が無かった頃、何度も拝見させて頂いていて、今でも時々お邪魔させて頂いている、お礼を言いたくて、ここにたどり着きました、色々と、本当にありがとうございます!! 腱鞘炎はいかがですか?私も、以前、腱鞘炎になったのですが、、軽かったので、時間と共に治りましたが、たまに、痛む時があります、無理なさらないで下さいね!!
 これからも、お身体に気を付けて、御元気で、マイペースで、ブログ続けててくださいね!!では、kanonさんの、御健康をお祈りしています!! 又覗かせて頂きます(*^_^*)
by ちゃ~み~♪ (2007-02-09 16:26) 

SOU子

初めまして、先日木村藤子さんに会って来ました。友人を含め4人の体験談です。今の木村藤子氏の現状です。是非みなさんご覧下さい。http://blogs.yahoo.co.jp/sousou2001122/33998.html
by SOU子 (2007-02-11 09:35) 

unico

はじまして。
新しい記事にコメントしようとしましたが、コメント欄が見つからずに、
こちらの記事へコメントさせていただきます。
ふと目に入ってきたオーラの泉の文字に嬉しくて、
迷うことなくお邪魔させていただきました。
片岡鶴太郎さんの日に別の録画予約が重なってしまい、
半分しか録画されておらず、残念に思っていましたので、
読ませていただけてとても嬉しく思います。ありがとうございます。
感謝です。続く後編も楽しみにしています。
腱鞘炎ということですが、私も経験があり、痺れは軽減されるものの、
完治することなく年を重ねても再発症しますので、
温かくしてどうぞお大事になさってください。
無理なさらないように、どうぞご自愛ください。
by unico (2007-02-13 07:24) 

ten

kannonさん、いつも拝見させていただいており、感謝しております! 
私は先日 木村藤子さんに観ていただく機会がありました。 木村さんは神様からのお告げをそのまま伝えてくださるようで、鑑定自体は答えだけの一問一答式です。 オーラのように永く観てもらえるわけではありませんが、私の身勝手で傲慢な恋人への態度を叱咤されました。
 聞いたその日はホントに落ち込みましたが、どれもいくら相手や周囲に指摘されても気づくことができなかった部分を 木村さんから怒られた事で目が覚めることができました!  木村さんは、人は自ら気づき、磨いていく心を教えたい方なのだと思います。 占い気分で行くと(私もそうでした;)ヤケドしますが、謙虚に耳を傾ければ、これほどありがたい説教はありません。
それからマスコミに出た事で明け方から電話が鳴る事態に、とても困っていらしてるようです。 予約のない方は絶対観ない事にしたのも、苦情を引き受ける事務側の方々を考慮してとのことでした。 連絡手段は地元に問い合わせるなどして予約をする方がいいと思います。 
kannnonさんのページをお借りしてしまい失礼しました。 体にムリなさらないようにしてください! いつもありがとうございます  ten

  
by ten (2007-02-13 16:52) 

カエナブルー

初めまして。

この度、kanonさんの真似をして
オーラの泉完全版を
リポートさせて
頂きました。
よろしかったら、
御訪問して下さい。

http://plaza.rakuten.co.jp/kaenablue/diary/200702020000/
by カエナブルー (2007-02-16 02:05) 

kana

いつも ありがとうございます♪
楽しみに拝見させていただき感謝しています。

時折、アップの遅れを気にされつつコメントされいるのを目にし、一度はお礼を申し上げたいと思っていました。

4月からゴールデンに進出しても 引き続きアップしてくださることにしてくださいましてほんとうにありがとうございます。

仕事柄見逃すことが多く、ビデオにとっても見る時間がないのでとても助かっています。
たとえ見れたとしても、読み返してみると新たな気付きもあり楽しみに訪問させていただいています。

私同様に、たとえTVで見てもこちらに訪問されている方は大勢いらっしゃると思いますのでこれからもお身体に御留意されつつよろしくお願いします。
by kana (2007-03-11 03:20) 

はは

いつもありがとうございます。
前に耳の聴こえが弱いのでいつも読ませて頂いてると書いた者ですが、
名前を忘れてしまったので、普段使ってるHNで失礼します。
PCの故障だそうですが、普段使っているものが無いと不便ですね。
この時期に少しでも手を休められて、また宜しくお願いします。(^^
by はは (2007-03-12 01:23) 

わむ

いつもありがとうございます。
pcの故障・・・これも、少し休んだほうがよいという啓示かもしれませんね。
今まで本当に頑張ってこられたから、ご褒美と捉えてゆっくり休んでくださいね。また再開してくださることを期待しつつ・・・。
by わむ (2007-03-13 14:03) 

ゆう

Kanonさん、早速の更新、頭が下がる思いです.いつも本当にありがとうございます。読ませていただく前に一言お礼をと思いました。私はkanonさんのこのページにもう長い間お世話になっています。マレーシアに住んでいて、テレビは見られないのでとてもありがたいです。これからもどうぞお体を大切になさって下さい。
by ゆう (2007-03-20 23:37) 

川﨑

父、川﨑純夫、大正8年4月21日生、
平成19年2月21日午前11時30分頃行方が解らなくなりました。45日が経過してしまいました。いる場所を、見つけていただけませんでしょうか?
宜しく、お願いいたします。
by 川﨑 (2007-04-07 14:31) 

momonga_ma

遅ればせながらお金スマで知り、木村藤子さんで検索すると、
ここがありました。
オーラの泉に出演されていたことを知ることができ、また詳しく
書いてくださり感謝です。
by momonga_ma (2007-05-30 15:26) 

KURATO

kanonさんのおかげで、貴重な勉強ができました。
 
心から感謝いたします。ありがとうございました♪
by KURATO (2007-07-12 04:36) 

元セラピストmakoto

私も先日木村藤子さんの電話番号と住所がわかりました。
お知りになりたい方に、ブログでその事を書きました。

「スピリチュアルってな~に?」
http://sp-s.seesaa.net/
です。
宜しくお願いします。
by 元セラピストmakoto (2007-07-19 16:18) 

木村藤子さんのファン

木村藤子さんの情報を探して、こちらのサイトへたどり着きました。
私は木村さんがオーラの泉へ出ていた回を見ていなかったので、とても参考になりました。
ありがとうございました。
by 木村藤子さんのファン (2007-07-20 23:34) 

NO NAME

木村さんに、自分を見てもらいたいです。
by NO NAME (2007-08-15 23:40) 

tomo

木村藤子さんの本「気づき」の幸せを読んで、もう少し木村さんのこと
が知りたいと思い検索したいたらここにきました。オーラの泉はかなり当初から見ていましたが、やはり木村さんの回を見れず仕舞いで、あきらめてその事自体も忘れてしまっていたのに、四人の阿吽の呼吸を感じる事もで、まさに映像つきで見たかのような充実感に浸っています。ありがとうございました。皆さんのコメントも読ませていただき、共感いたし幸せな気持ちになりました。出会えて良かったです。
by tomo (2007-08-22 07:57) 

ellie

kanonさん。初めまして。
土曜日になってから見逃す事が多かった「オーラの泉」ですが、大変なご苦労をされて詳細をUPしていただいて本当に嬉しく思います。
文章から、まるでその番組を見ているような臨場感が感じられます。
皆さんが仰られているように、ただ感謝の言葉しか浮かびません。
どうもありがとうございます。
心から感謝申しあげます。
これからも楽しみにいたしております。
kanonさんのご多幸をお祈りしております。
by ellie (2007-08-25 10:20) 

シルバーバーチの霊媒Fヒーラー・エクソシスト

あんぱんマンのママは卒業したいですか?
本日分 2007・8・25 戸田恵子女史

あんぱんマンのママは卒業したいですか?
柳瀬先生は、貴方しか見えてないのに・・
でも、それでもは裏切りですよ、Fの子供の年齢では
貴方があんぱんマンなのです。どらえもんが大山女史しか居ないのと同じです。
それと貴方は試練はもう無いでしょう。安心してください。子供達は、貴方の声しか知らない・・一生です。
そうです、母だろうが父だろうが背後霊皆やなせに全部だそうです。 良寛を背後霊に持つ男だよ大きい奴がお前の救世主のあんぱんまんの父だよ。
それが、あんぱんマンの声を持つことがお前の最大の武器であり、誇りでもあるでしょう。
愛する娘へ 孫も見たかったよ。 無理なの?ママより。 あまり話さないで、恥ずかしいから・・・じゃあね! 美輪さんは、いい人よ。でも江原氏は、そうでもない。嘘多いはね。 作り話に騙されないで・・父。
by シルバーバーチの霊媒Fヒーラー・エクソシスト (2007-08-25 21:23) 

みっちー

現在海外に在住しているので、このHPをたびたび拝見しています。
丁寧に一字一句文字にしてくださってあり、とても関心してしまいます。。。
本当にありがとうございます!!
by みっちー (2007-10-02 23:51) 

ナイナイファン

はじめまして。
いつも拝見しております。
気になったことがあったのでこちらにコメントをさせていただきました。

小雪さん(前)のレビューにて太一くんが「オオクタガタのロケ・・・」と言って
※印で鉄腕DASHと書かれていましたが、おそらくぐるナイだと思います。
by ナイナイファン (2007-10-23 13:40) 

通りすがり

今日(10/27)のスマステのゲスト、江原さんのようです。
by 通りすがり (2007-10-27 17:43) 

わんこ

お久しぶりです
スマステに江原さんが出演されたのは知らなくて・・・
でも、せっかくレビューがお休みできるのにアップをお願いするのは
申し訳ないな~と思っていたらアップして頂けたのですね!
ありがとうございます!!
とても興味ある内容でした 本当にありがとうございました
by わんこ (2007-11-04 18:02) 

maki

2012年の話ですが、えっと、人によっていうことはいろいろみたいですね〜。

わたしは怖いこといって人を脅かして儲けようとする人は嫌いなので信用しません(笑)。

↓この人みたいに、意識改革が起きるって考えることもできますよね〜。
http://blog.livedoor.jp/tune4112/archives/cat_50024678.html

ほんと、ノストラダムスと同じだとおもいます。怖い話って視聴率とれるし本は売れるからマスコミは何度でも同じことするんですね。いやですね〜。美輪さんに一刀両断してもらいたい(笑)。

いちいちこんなこと書くのもどうかと思ったんですけど、みんなで怖い怖いってなんとなく広めるのはよくないかなと思って書いてみました。

いつもレビュー感謝して拝見しています。
ありがとうございます。

少しでも気分が良くなられたら幸いです。
by maki (2007-11-07 21:46) 

mikoyan

いつも、お世話になっています。
一度、ルドルフ・シュタイナーをお読みになりませんか?
シュタイナーのカルマ論は、江原さんの話にとても共通点があり、
きっと良くおわかりになると思いますよ。
販売していない本は、図書館で探せばかなり見つけられます。

安直な終末論に惑わされる事無く。
by mikoyan (2007-11-09 12:24) 

みのる

さとう玉緒さんらへんからオーラの泉を見始めまして、それより前の回の情報を探していたらこのページを見つけました!
放送をすべて文章におこすのは結構な重労働だとお見受けいたそます。。
でも、おかげさまで初期のオーラの泉に触れることができました。
感謝してます。ありがとうございます。
by みのる (2007-11-13 00:01) 

通りすがり

ちょっと場違いなカキコミなんですけど…
もしお近くでしたら、いかれてみてはいかがかなァ~と思ったもので。
http://www.officetemma.co.jp/main/live/post-20.html
(ご興味おありでなければ、このカキコミは削除してくださいませ)
by 通りすがり (2007-11-21 18:33) 

千裕

はじめまして。千裕と申します。私はオーラの泉が大好きでいつも楽しみにしていますが、タイムリーで見ることができない都合上、録画をするようにしていますが。忘れて見逃して、ちょっとガッカリ・・・なんてことも多く、最近こちらのページを運良くみつけ、過去の回からズーっと読み、大変嬉しく拝見しております。実際に見た回も、文章で読むと、改めて うーん と思ったりして。なるほどねーと、自分ペースでうんうんと思いながら読み進めたり、読み返しながらして、とっても助かってますし、あー、映像で見たかったなーと思ったりして、とても楽しく読んでます。一言お礼をと思いまして・・・。ありがとうございます(^^) ちなみに私も猫を飼っていまして、猫写真のあまりの可愛さに、ハートが飛び出てしまいます。ほんとに可愛くてきれいな猫ちゃんばかりですね(^^)
by 千裕 (2007-11-27 14:20) 

TONKO2

以前より拝見させていただいます!海外に在住しているため
オーラの泉はみれず サイトで検索していたさい
こちらにめぐりあえました!母が大ファンで
猫ちゃんのお写真、毎日ブログもよませていただいています!
お体大丈夫ですか?母がいつも記事をみると
具合がわるそうで心配だわといっています
大ファンのわたしたちです!自身のブログで
でもオーラの泉の話題になったさいに
友人に内緒でこちらのをお教えしましたら
みなさんよろこばれていました!わたしも猫すきで
ビーズをしています!よかったらのぞきにきてみてください!
*母がほんとうにいつも感謝しています!
by TONKO2 (2007-11-30 09:47) 

Dixie

はじめまして。
「オーラの泉」のテキスト版を、毎度ありがとうございます。
とても手間のかかる作業なのに、丁寧にテキストに起こされていて、
読む側としては、感謝のきわみです。

加藤和也さんの回は、とくに読み応えがありました。
ひばりさんが今でも楽しい歌を歌っていることがわかって、嬉しいです。
ひとことお礼を申し上げたかった次第です。
by Dixie (2007-12-01 18:25) 

海外在住です

こんにちわ。私は海外に住んでおり、大好きなオーラの泉を見る事ができません。こちらのブログのお陰で、こうして全て読むことができ、本当にありがたいなーといつも感謝しておりました。このオーラの泉を通して学ぶ事も非常に多く、いつも感動したり、感心したり、嬉しかったり哀しかったりです。
体調があまりよくない時がおありになるようですが、どうぞご自愛ください。

ほんとに時間のかかる作業でしょうに、毎回毎回ありがとうございます。
感謝の気持ちを込めて。
by 海外在住です (2007-12-12 03:20) 

通りすがり

VAIOに関してですけど…

今月終了のキャンペーン、いろいろあるみたいです。
http://www.jp.sonystyle.com/Style-a/Support/index.html

アウトレット商品もあるみたいなので、もし最新機種でなくても
構わなければ、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
http://www.jp.sonystyle.com/Style-a/Outlet/index.html

ご参考までに…
オーナーメード取扱店 http://www.vaio.sony.co.jp/Store/Shop/

以上、余計なお世話でした。
by 通りすがり (2007-12-19 16:44) 

マキ

明けましておめでとうございます。

いつも楽しませていただいてありがとうございます。
ブログの更新、いろいろ大変だと思いますけど、
今年も(ごムリのない範囲で)どうぞよろしくお願いいたします。

で、またコンサートのお知らせです。
もしお近くでしたら、ぜひ一度いってみてくださいませ。オススメです。
http://www.kanagawa-arts.or.jp/event/event-37071.html
(大萩さんの公式サイト http://www.jvcmusic.co.jp/ohagi/ )

P.S. いままでPN「通りすがり」でコメントさせていただいておりましたけど
   今後は「マキ」にさせていただきます。
by マキ (2008-01-02 14:07) 

ゆき

色々検索していたら辿り着きました。
で、ふと見たらソネプロなので、思わずniceを押させて頂きました。
面白かったです。

by ゆき (2008-12-27 01:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。