So-net無料ブログ作成
検索選択

ナンバーとオーラの本 [書感]

昨年の夏にオーラや前世、守護霊を見てもらった方の本が出ているのを
友人が持っていて自分も購入して読みました。

ライフナンバーをメインに
メッセージナンバー、テーマナンバー、チャレンジナンバーがあり。
それぞれナンバーは計算するのですが
生年、月、日を足すだけなのです。少し手間は掛かるかも。

私の場合は、ぎょっとするほど過去過ごして来た年齢であった出来事と
ここは、こういう時期という説明が符合して驚ききました。
今、そして、これから何をなすべきか方向性がしっかりしました。

私には自分を知り、周りとの関係を円滑にして行くという意味で
良い方向性を示してくれました。
オーラは質問に答えて判定するものでした。

ナンバーとオーラの本

ナンバーとオーラの本


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

宇宙授業 [書感]

nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

美輪様の御本 [書感]

時間がある時に、美輪様の本を読んでいます。
購入していたものの、中々読み進められずにいたので、ようやく手を付けました。

秋になりつつあるので、一足早く読書の秋^^

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

プチビーズでキュート [書感]

プチビーズで“キュート!”

プチビーズで“キュート!”


私だけのチャーム ビーズドール

私だけのチャーム ビーズドール

  • 作者: せい かずこ
  • 出版社/メーカー: 雄鷄社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 大型本

姪にあげると約束していたビーズで丸小だけで作れる可愛いもの系を探していたら、
本屋さんで見つけたのが、この方の本。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ウタオーノさんのビーズ本 [書感]

Tokyo Styleビーズコレクション

Tokyo Styleビーズコレクション

ビーズアクセサリーを始めた時に買った本です。
見てるだけで綺麗なアクセサリーなんですが、材料が独特かつ特殊で
何でも揃いそうな浅草橋まで行ってもほとんど入手出来ないので、作った事がありません。
キットも販売されてますがお高いので、ちょっと手が出ません。
どれも素敵なんですけどね・・・。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

和の小さくてかわいいもの [書感]

和の小さくてかわいいもの

和の小さくてかわいいもの

  • 作者: 鈴木 海花
  • 出版社/メーカー: ピエ・ブックス
  • 発売日: 2005/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

帯と冒頭に「なにもなにも、小さきものは皆うつくし。(枕草子・清少納言」とあり
本当に可愛いらしい和小物の写真がたくさん載っています。
本自体も13cm×14cm位と小ぶり。
バイトの帰りに寄った本屋さんで見つけて、「買わなくては!」ともう
一目ぼれしました。ちゃんと売っているお店のリストもあって至れり尽くせり。
まあ、東京中心なのですけれども・・・。

陶器の金魚、豆皿ちりめん小物の座布団の上の背中丸めた猫、豆福猫
もう、かわいいこと、かわいいことっったら!
こんな小さなものなのにデザイン、色合わせ、形、表情まで洗練されていて
日本特有で良いな~と思わせられます。
手先の細かい手仕事の作品は大量生産の食玩とはまた違って
美しいものですね。
和紙や千代紙、集めてたなあ・・。ビー玉やおはじきも見てて飽きなかった。
布、紙、木、石、陶器、みんな自然からもらった素材で出来てて、温かいですね。

装丁、金魚は縦に並んでて、右の方に赤地のちりめんの柄に
和小物が散らしてあってもっと良いのですよ。
「和の」って部分も右と同じちりめんの赤い丸なのです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

マンガをもっと読みなさい―日本人の脳はすばらしい [書感]

マンガをもっと読みなさい―日本人の脳はすばらしい

マンガをもっと読みなさい―日本人の脳はすばらしい

養老せんせいの御本は読んだ事ないのですが、これは読みたいかも。
書店で見て気になりました。子供の頃は『漫画読むとバカになる』とまで言われたものだったのに
時代も変わったものです。でも、いい年した大人が堂々と電車で少年ジャンプや漫画雑誌を読むのはイタダケナイと思います・・・。せめて文庫くらいの控えめさが欲しいなあ・・・。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

三途の川の渡り方・水木しげる [書感]

三途の川の渡り方―「あの世」と「霊界」が見えてくる

三途の川の渡り方―「あの世」と「霊界」が見えてくる

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

すごいタイトルですがー^^;
昨日映画に行く電車の中で久しぶりに読みました。
「ゲゲゲの鬼太郎」も好きなので。これに載ってる地獄の説明を絵付きで
子供にしたら悪い事はしないと思うな。実際どうかは置いといて。
水木先生の絵が怖くて迫力があるんです。

あの世とこの世のお話をされていて、それに関して
仏教や神道、世界の神様の話、民俗学、宇宙、妖怪やおばけの話と
幅広くわかりやすく書かれていて面白いです。
薄いので濃い内容の割りに、さくっと読めるかと思います。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

好きな児童文学(物語)をただ並べてみた [書感]

lapisさんの記事、好きなアニメをただ並べてみた
に触発されて。TBさせて頂きました。 好きな児童文学をただ並べてみました。10冊+1冊です。  
影との戦い―ゲド戦記 1

影との戦い―ゲド戦記 1

  • 作者: アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000
  • メディア: 単行本
初めて泣いてしまった児童文学。読書の面白さに目覚めさせてもらった作品です。とても深いものを内包しています。
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1

  • 作者: J.R.R. トールキン
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 1992/07
  • メディア: 文庫
言わずとしれた名作。映画も全作、劇場で観ました。DVD-BOXも購入。トールキンのこの作品が無ければ他の名作も生まれなかったかも、と思うとすごいですよね。やはり、本が一番でしょうか。 「ホビットの冒険」を先に読んでも楽しめますね。
モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語

  • 作者: Michael Ende, ミヒャエル・エンデ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1976/09
  • メディア: 単行本
エンデを初めて読んだのがこれ。私達は時間泥棒に時間を盗まれてるのかもしれませんね。 「はてしない物語」も良いですが私はこちらが好きです。
霧のむこうのふしぎな町

霧のむこうのふしぎな町

  • 作者: 柏葉 幸子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1980/01
  • メディア: 新書
映画「千と千尋の神隠し」の元になったお話です。しかし、ハク出て来ません。親も異世界には来ていません。子供の時に読んだのですが、今まで読んだお話と毛色が違って、だんだん一人で考えて行動する力が身につく姿にすごく感動しました。
ローワンと魔法の地図  リンの谷のローワン〈1〉

ローワンと魔法の地図 リンの谷のローワン〈1〉

  • 作者: さくま ゆみこ, エミリー ロッダ
  • 出版社/メーカー: あすなろ書房
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 単行本
弱い弱いローワン。困難に立ち向かわなければならない時、人は試されます。自分が弱いということを知っている、大切なモノを持っている人は強くなれると思いました。翻訳者さんが物語にほれ込んでるので、とてもよい翻訳です。大人になってから読みましたが、するりと入れます。「デルトラクエスト」も面白いです。
ネシャン・サーガ (1)

ネシャン・サーガ (1)

  • 作者: ラルフ・イーザウ, 酒寄 進一, 佐竹 美保
  • 出版社/メーカー: あすなろ書房
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本
偶然拾った杖の為、大変な運命を請け負う少年ヨナタン。もうダメだと思いながらも決してあきらめない。仲間を大切にする。一緒にハラハラします。子供向けと侮る無かれです。
トニーノの歌う魔法―大魔法使いクレストマンシー

トニーノの歌う魔法―大魔法使いクレストマンシー

  • 作者: 佐竹 美保, ダイアナ・ウィン ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本
映画「ハウルの動く城」の原作者、ダイアナ・ウィン・ジョーンズのクレストマンシーシリーズ。 これは大人になってから友達が紹介してくれて読んだのですが、こんな魔法使いのお話があるとは!と新鮮でした。「魔法使いハウルと火の悪魔~ハウルの動く城」の方も映画で説明されなかった部分や宮崎さんの+αなエピソードがない分わかりやすいです。もちろん映画も大好きです。
みどりのゆび

みどりのゆび

  • 作者: モーリス ドリュオン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 単行本
「この指があれば世界中が緑でいっぱいになるのに」と思ったものです。 大人のずるさになんともいえない気持ちになりました。
星の王子さま―オリジナル版

星の王子さま―オリジナル版

  • 作者: サン=テグジュペリ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 単行本
これも言わずと知れた名作。大人になってから感じることの多いお話かもしれません。 こんな宇宙からのお客さまなら会ってお話してみたいです。
冒険者たち―ガンバと十五ひきの仲間

冒険者たち―ガンバと十五ひきの仲間

  • 作者: 斎藤 惇夫, 薮内 正幸
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1982/01
  • メディア: 単行本
ネズミが主人ですがめくるめく展開、魅力的なキャラクター達の友情と戦い。 アニメ化もされていました。このお話のおかげで、イタチが長い間私の中では悪者でした。
大草原の小さな町―ローラ物語〈2〉

大草原の小さな町―ローラ物語〈2〉

  • 作者: ローラ・インガルス ワイルダー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
おまけで思い出のシリーズ。 開拓時代のアメリカ。NHKの海外ドラマでもお馴染みのこれ。 お母さんが作るお料理、お菓子の美味しそうなこと!物語を読む時に 見た事も無い、おいしそうな食べ物が出て来るのも楽しみの一つですね。 ◆ファンタジーが多いです。子供にも大人にもファンタジーは必要だと思います。 ある程度の年齢になったら、心の栄養は誰かが与えてくれる物でなく、 自分で探して出会った物の中にあるのだと思います。それはかけがえが無いものです。 ◆文だけだと最初とっつきにくいなら、挿絵付きのものから入るとイメージしやすくて良いと思います。 ◆名作童話では「秘密の花園」や「ヘンゼルとグレーテル」 なぞ好きでした。庭やお菓子の家がに憧れましたね。 他にも「幸福な王子」とか、「パンを踏んだ娘」とか「カエルの王子」とか好きな変な子供。 「シンデレラ」や「白雪姫」の王子様と幸せ系な話には全く共感しませんでした。 ◆「ナル二ア国物語」や「ハリーポッター」も嫌いではないですが 挙げたものより私の中では勝らなかったのです。

nice!(2)  コメント(17)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。