So-net無料ブログ作成
検索選択

「オーラの泉」オダギリジョーさん(前)(34回) [オーラの泉1時間ver.]

お三方、セットの前で並んで立っている。左から順に。

スピリチュアルカウンセラー~江原啓之・司会~国分太一・愛の伝道師~美輪明宏

美輪様・・・美 江原さん・・・江 太一くん・・・太  オダギリさん・・・オ
と失礼ながら略させて頂きました。敬称なき事、御了承下さるとありがたいです。

【オープニング】
太 「さあ、今回はですね。凄いゲストの方が来ました。
   もう、映画だったりとか、ドラマで引っ張りだこの俳優さんでございます」
美 「あんなに映画に出ずっぱりでね。まあ、よく死なないなと思ってる位」

〔今回お招きした方は・・・映画やドラマで大活躍の若手俳優〕

太 「そして、かっこ良過ぎます!」

美「ねえ」
太「うう~、うう~ん!って感じです」拳を握りながら、悔しそうな感じな表情。スタッフ爆笑。
美「妬まない、嫉まない」
太「はは、はい。そうですね。確かにそうです」
美「人は人、ね」
太「江原さんはどんな印象ですか?」
江「いや、やっぱり、かっこいい人だなあと、いつもテレビを見ながら。
  どうして、こう、生まれながらにして、ね」スタッフ笑。
太「江原さんも」
美「ひがまない」笑顔。
江「ひがまない」にっと笑う。
太「さあ、そんなゲストの方からですね、メッセージを頂いております。

  『正直言いますと、この番組で起きる事が本当の事なのか。
  霊や前世が本当に見えているのか、わかりません。
  それだけに、今日は凄く楽しみで緊張しています。是非、凄い体験をさせて下さい』
  
  という事で。まあ、そうですね。僕もこの番組が始まった頃は、全く信じていませんでした。
  はい。でも、今日1時間いたら、わかるのではないかな、と。ええ」

美 「そうか、『あ、出るんじゃなかった』って。一生立ち直れない位、後悔するか」
太「楽しく帰ってもらいたいなって気はしますけどね」
美「あはは!そうは行かない」不敵な笑顔。

今回の番組の予告。
ナ「俳優、オダギリジョー
  テロップ〔江原が“家宅侵入”して発見したもの・不吉な物に囲まれた私生活
        マイナス志向に導かれる理由・遂に江原がお祓いに立つ〕
ナ「全てはこの後、明らかに」

タイトル「国分太一・美輪明宏・江原啓之 オーラの泉」

テロップ〔天性の俳優が初めて語る複雑な内面。オダギリジョーの後ろに不吉な影・・・〕

画面・シルエット姿。ライトが当たってオダギリさんのアップ。
ナ「オダギリジョーさん、『オーラの泉』へようこそ。
  それでは、これからスピリチュアルチェックを始めます」オダギリさん、軽く会釈。

◇1.自分の性格を一言で言うとなんですか?
   →えー、混乱。(混乱?と太一くん)

◇2.小さい頃なりたかった職業は何ですか?
   →海外青年協力隊。(美輪様、じっと目を閉じ穏やかな表情)
 
◇3.何か苦手なものはありますか?  
   →・・人ごみ。(江原さんじっとオダギリさんの上の方を見る)

◇4.想像して下さい。あなたは今とても好きな場所にいます。それはどこですか?
   →うん、トンネルですね。
                        
◇5.もし、一つだけ願いが叶うとしたら何を願いますか?
   →う~ん・・。今すぐ・・死ぬか、ずっと死なないか。
    
服装・画面左手から順に。
オダギリさん・黒いマントのような衿辺りだけボタンがある上着。
下に白と黒の幅の大きいボーダーのシャツ。黒地にサイケな白い花びら柄のパンツ。
先の平べったいけれど尖った感じの魔女の靴みたいなサンダル。
長い前髪を左斜めに下ろして。全体にぼさぼさな感じだがエキセントリックなスタイリング。
太一くん・白いライダースジャケット。下は白いTシャツ。Gパン。小さい黒のクロス。
美輪様・藍色の縦に細かい刻みの入った衿は丸い生地のドレス。栗色のウィッグ。
胸の辺りから腿まで黄と薄青がぼかしてある。同色の上着で左肩にも山吹色のぼかし。
親指位の大きさの楕円のサファイア(?)のトップのホワイトゴールドかシルバーのネックレス。
耳飾、人差し指の指輪も同色。中指にも指輪。
江原さん・白緑の着物と織りが入ってるような茶鼠の羽織、半衿ブロンズ色。
留め紐と帯が辛子色。左手にお数珠。ラピスラズリのような濃い藍色の石の付いた指輪。

オダギリさん、席へ。スタッフから大きな拍手。 
太「さあ、オダギリさん。どうぞこちらの方へ」
オ「はいお願いします。」オダギリさん、一礼して席に座る。一同挨拶のお辞儀する。
太「よろしくお願いしますー」
オ「よろしくお願いします」
太「緊張してますか?」
オ「いやー、こういう番組も久しぶりですし」
太「トーク番組自体、出ないですよね」。
オ「そうですね。ええ」ちょっと笑顔。

太「ほおおー、出ようと思ったのはなぜですか?」
オ「いつも、お願いしているヘアメイクの方が、この番組が物凄く好きで。
  で、よくお話を聞いてたんです。で、『部屋までわかりますよ、オダギリさん』って言われて」
太「わかりますよ!オダギリさん。僕も、もう見られましたから」スタッフ爆笑。
オ「ほんとですか?」
太「はい」
オ「僕も『掃除しといた方がいいですよ』って言われて・・はい」一同爆笑。
太「この後、凄い事が色々聞けると思いますので」
オ「ああ~、そうですか」
太「はい、スピリチュアルチェック、行きましょうか!」美輪様を見つつ。
美「はあい、いじめましょう。うふふふ」にっこり。

【青年海外協力隊。に憧れた】
太「まず、小さい頃なりたかったのが『青年海外協力隊』」
オ「はい」
太「これは・・どうしてなりたいと思ったんですか?」
オ「うん、単純に。『色んなとこに行けそう』って。何か井戸掘ったり、するんですよね、多分。
  で、地元の人達と触れ合いながら、生活をして行くっていうのに・・。
  何かしら憧れを持ってたんでしょうね」
美「つまり外国よ」
オ「そうですね。外国」
美「生活じゃないのよ。外国に興味がお有りになるのよ」
オ「そうですね」
太「今も外国には興味ありますか?」
オ「今は、でも日本が好きですね。ええ」
太「それはどの位から変わってきたんですか?海外という気持ちから」
オ「やっぱり、アメリカに留学してた時くらいからですね」

[アメリカに留学した目的]
太「うーん、アメリカには何留学というか、何を勉強しに行ったんですか?」
オ「結果、俳優の勉強したんですけど」
太「結果という事は、勉強しようと思ってた事は違ったわけですか?」
オ「ほ、映画を作りたくて」
太「映画監督!」
オ「監督」
太「の勉強しに」
オ「と思ったら、役者のコースだったんですね」
美「あっはっは。間違えちゃった」
太「あれ?あれ、そんなミスですか」美輪様笑。スタッフ笑。

オ「はい。願書を、選び間違えたんですね。その丸付け間違えたというか」ペンを持って書くように。
太「あ、はいはい」
オ「一番、それっぽっかった所に丸したんですけど」スタッフ爆笑。
太「それっぽい所を丸をしたら、それが、それっぽいのが俳優だったと」
オ「俳優コースだったんですよ。まず、1時間目に体育館みたいな所に、呼ばれて。で・・
  『ここは宇宙だから泳ぎなさい』って言われて。1時間泳いだんです。
   ・・・それで、『何かおかしいな?』と思って」一同笑。
太「1時間、泳ぎきって。『あれ?違うなあ』と」
オ「でも、本当に『これは願書間違えたんだ』っていうのは1週間から2週間かかりました」
美「あはははは」
太「これねー。あの思うんですけども。あの願書を出し間違えたというのは。
  これ、偶然じゃなくてこれ、必然ですから!」ビシッと指差す。一同爆笑。
太「ねー」美輪様、江原さん、パチパチと拍手。
美「そうですねー」
太「偶然というのはこの世の中にありません。全て必然ですから」
オ「僕もそう思いますよ。何か、ほんとに」
太「ほんとですか?」
オ「ええ。出会いとかも、全部必然だと思いますよ」
太「素晴らしいですね。それがわかってるというのが」

【人ごみが苦手】
太「えー、苦手なものが“人ごみ”」
オ「人ごみですね。ま、一人っ子だったし。・・親が片親だったんですよ。母親しか居なくて。
  多分、他者との交わりが最初から苦手なんですよ。そんなものも含めて。
  知らない人がたくさん居ると、もう怖いですね」
太「これも昔、前世の、ものがあるわけですか」
江「そうですね。でも、後は憑依体質です」オダギリさん、きょとんとする。
太「やはり」
オ「ひょうい体質」面白そうな表情をする。
太「憑依体質」
美「えっとね、乗り移られたり、取憑かれたりする。
  そういう可能性の多い体質、って事。霊的なものに」
オ「ほお~、はい」
江「人ごみ苦手で、そうすると、具合悪くなるんですよ。疲れちゃったり、もう」
オ「はい、はい」
江「うん」
太「役者さんの中で、本当に憑依体質の方、多いと」
江「そう」
美「いや、だから役者になれるの」
太「役にすんなり入れるって事でなんですね」
美「だから、すんなりスッとこう入れる人ってのは、みんな体質。
  でないと、いい役者にはなれない、って事」

[役に入りやすい]
太「どうですか?あの役とかはすんなり入れる方ですか?」
オ「・・そう言われると、そういう気になってしまいますね、なぜかこの番組は」一同笑。
美「あっはっはっは!」
オ「あれ、多分今受け入れてる事自体が、ある種の憑依だと思いますよ」
太「ああ、そうすね」
オ「はい」
江「その通りなんですよね。憑依体質の人っていうのはね。
  相手のその言ってる事を物凄く受け入れるんですよ」
オ「あらー、やっぱり。受け入れてますか」
美[あらー、だって]
太「憑依、という言葉が出た瞬間、オダギリさんの顔が、『おっ?何々?』って
  いう顔に変わってましたから。その時点でもう興味を持ち始めているわけですね」
オ「そうですよね」

[霊感は?]
太「霊感っていうのは、ある方ですか?」
オ「ええ、全く無いんですよ」足首をクロスさせて、リラックスした姿勢になる。
太「無いですか?」
オ「はい」
美「嘘ばっかり」
江「いえいえ、すっごい浮き沈みがあるじゃないですか、気持ちの」手を上下にゆらゆら動かす。。
太「気持ちの」
オ「ええ」
江「その場所とかとか人とか、あの色んなとこで。全然、急になんか、こう深い統一に入ってみたり。
  自分では話そうと思うんだけど、何か話す事が出来なくなっちゃたり」
オ「そうですね」
美「いや、だから、それがつまり霊的なもののね、障りだとかね。
  霊的現象だとか。そういう知識が、今迄全く無かったから」江原さん、頷く。
オ「そうそう、そうそう」
美「だから、知識とそれが繋がらないのよ」
オ「そうそうそう。ほんと、そうですよ。はい。そういう事なんですか」

江「で、いて。よく物失くすでしょう?それでいて、と、思ったら急に出て来たりするでしょう?」
オ「・・そう言われてみれば、そういう気になりますよね」腕組する。一同大爆笑。
美「あははははは!」
オ「ちょっと、怖いですね、この番組は」
美「いや、そういう気にならなくても、そうなんだから」
オ「はい」
美「仕方がない」

江「それでいて、今日はないですけども、帽子お好きじゃないですか?」
オ「帽子は好きですね」
江「お家の中にけっこう帽子、いっぱいありますよね」
オ「家が見えますか?」身を乗り出して、江原さんをじっと見る。
  一同爆笑。江原さん、含みのある笑でオダギリさんを見返す。
美「家宅侵入よ」
太「家、入って行きました」
オ「帽子ありますよ」
江「帽子被ると安心するでしょ」
オ「安心しますね」目線を斜めにしながら。
江「でいて、気持ちが落ち着かない時、帽子被りたくなるでしょう?」
オ「あ、まあ、そういう事かもしれないですね」目線を下にして考え。
江「自分の心のテンションとか、状態がいい時って、帽子被らないでしょ」
美「ふっふっふ」
オ「・・いや!被ります!」ちょっと笑いつつ、必死な感じ。江原さん、ニコーッと笑っている。
オダギリさん、思い切り笑い顔。
美「無理しないの!」
太「もう、かわせなくなってる」爆笑しながら。
美「まあ、素直じゃない子でしょう」
オ「ちょっと、なんか反発しなきゃ、みたいな気持ちが、ええ」ちょっと、困ったように眉尻が下がる。
美「そう、だからね。素直に、ストレートなもので表現する勇気がないから。
  だから、全部一ひねり二ひねりしちゃって、裏の裏の色んなもの。
  どんでん返しでもって身を守ろうとする所があるのよね」
オ「うん」
美「そうなの」
オ「や、ほんと僕の行動は全て自己防衛だと思いますね、ええ」
  真剣なん表情で、じっと美輪様を見る。

【今すぐ死ぬか、一生死なない】
太「願いが叶うなら、『今すぐ人生を終えるか、一生死なない』」
オ「いや。あのね、“願いが叶うなら”って言う位ですから。・・・そんな・・小さな事叶ってても
  仕方ないなと思って。・・やっぱり、もう生きるか死ぬか、どっちかだろう、と思って・・」
太「えー、でも死ぬのはどうなんでしょうかね。今、この時点で死んじゃったら
  やりたい事も出来なくなっちゃうわけじゃないですか」
オ「いや、でも中途半端。いや、“願い”ですからね」
太「ああ、ははあ」
オ「『もう、じゃあ殺してくれ』っていう事になりましたね」
太「ほお、そうですか」
オ「はい。それか、もしくは、ずっと死なないか」
太「ずっと死なないのもしんどくないですか?」
オ「何かが、こう・・・見えそうで。その、何百年も生きて行くと・・」
太「何かが」
オ「何か、神にまで行けるんじゃないかなと、思いますね。ええ」

太「どうですか?こういう考えというか。思ってるって言うのは」
  江原さん、美輪様、何かわかってるような笑顔。
美「ふっふっふ」
オ「呆れてますね!」どうしようって表情。
美「いいえ。その内解るわよ、ね」笑顔で軽く首を左右に振る。江原さん笑顔で深く頷く。
太「この言葉にも、意味があるという事ですか」
美「そうそう」
オ「えー!ちょっと、もったいぶりますねー」子供のような笑顔。手で膝を叩くように動かし。
美「後のお楽しみ」
太「まあ、色んな事が聞きたいですよ」
美「御馳走は、一番後から」優しく諭すような口調で。
オ「そっか」
美「そう」
太「じゃあ、ちょっと、オーラのカルテの方を、作って行きましょうか」

【オーラのカルテ・オダギリジョー】

[オダギリジョーの前世]
太「今日じゃあ、まず前世の方から行きましょうか」手を組むオダギリさん。
江「あのね、前世も色々、ありましてね。いやあ、今迄色んな経験なさって来てるんですよね。
  二つばかし、ちょっと見えて来るんですね。それがね、どうしようかな?一つ目。時代の、ああ」
美「前世ってね、何度も有るんですよ。もう、何十回、何百回とある」手を回すように。
オ「はい。その中の2つ」頷き、江原さんを見つめる。
江「それでね、あの時系列からいって。一番手前の所から行くと。さほど古いって
  わけじゃないんだけども。江戸期とかの日本です。で、その時点で海外渡ってるんです」
太「えー」
オ「ほお」ちょっと、眉尻を下げながらも、興味深そうに。
江「で、も元々はね、・・・・・(すーっと息の音)・・・武士とかの家系だと思います。
  そんな特別な武士じゃないんですけどね。そも家系。学問をとにかく修めたいって
  いう気持ちが強くて。今で言えば、哲学ですよね。そういった事も修めつつ」

【前世:学問を修めた武士】

江「海外に出ようとして、日本をとにかく脱出したかったんですね、うん。
  それでいて、海外にお出になられて。で、そして、戻って来てるんですよ」
オ「はい」
江「帰って来てて。で、いて。一つね、これ政治思想家としてね、ちょっと危険人物とされて。
  随分、隠れながら生きていた、っていうような状況、の景色が見えるんですね」
オ「へー・・」頷きながら。
江「それよりも前っていう事をちょっと申し上げると。それはもっと古い時代に遡りますけどもね。
  イタリア、もしくはその周辺国においてですが、修道士だったのが見えます」

【前世:イタリア近辺の修道士】

江「うん。で、布教して旅して回ってた」
オ「ほおー・・」
江「うん。でいて。、なぜ、そのトンネルみたいな所を好むかというと。そういう所がねぐら」
オ「うん」
江「であった。とうか、ねぐらっていうか、その本当のトンネルじゃなくてね。
  凄く当時の教会です。うん。だから、ちょっと薄暗くって何かこう、小っちゃーいね
  古ーい教会みたいなのも、お好きじゃないかと思うんですよ」
オ「ほおー」
江「で、それは当時のそういった名残でほとんど、小屋に近いような、そういった所で。で、そこで
  布教活動をしながら。何か、実はね、・・海外協力隊とかね、そういった気持ちがなるのも。
  まあ、その色んな所へ行けるとか、それだけじゃないと思う。やっぱり色んな事、あなたの中で
  助けて行きたいとか、そういう気持ちってのがやっぱりある。で、人に対して哲学から
  常にどこも繋がってるのは“人生哲学”ずっと追い求めて行ってるんですよね」
オ「うーん・・」
江「常に、『哲学、哲学!』って、こう考える所が、お有りになる」
オ「そうですね。哲学好きです、うん。確かに。それも宗教哲学好きです」
太「ほお!」
オ「はい」

ここまで読んで下さってありがとうございました。
中編[人間好きの人間嫌い]に続きます。火曜日までお待ち下さいませ。


nice!(8)  コメント(28)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

nice! 8

コメント 28

ぐっち

見逃してしまった時に、このブログがあると思うと安心します。
このブログを読むだけで、スタジオの雰囲気などが伝わってきます。楽しみにしてますので、大変だと思いますががんばってくださいね!!
by ぐっち (2006-01-14 19:48) 

shrose

今回もありがとうございました。
オダギリジョーさん、意外に素直でかわいいですね。
続きが早く読みたいです(T_T)
楽しみに待ってます~
by shrose (2006-01-14 20:56) 

kanon

ぐっちさん、こんばんは。
どうしても見れない時ってありますよね。そういう時にはお役に立てれば
何よりです。励ましとねぎらいのお言葉、ありがとうございました。

shroseさん、こんばんは。
>オダギリジョーさん、意外に素直でかわいいですね。
 意外な素顔で、ほんと可愛くて微笑ましかったです。
 火曜日までお待ち下さいね。私は時効警察を見逃してしまいました;;
by kanon (2006-01-14 22:07) 

prosperity_pie

KANONさん、いつもありがとうございます:)今回も。。。かたずを飲んで読み進めていると。。。途中で終わってました。。。がっくり。でも、長くて大変ですよね。逆に分けていただくと、こちらも読み終わったあと目が充血している、という事態におちいらなくていいです、ホント。しかし続きが気になって、子供の頃、毎月買ってた「りぼん」の続きが気になったソワソワ感を思い出します:)
by prosperity_pie (2006-01-15 01:02) 

ayakawa

こんばんは☆
「メゾン・ド・ヒミコ」を観て以来、注目しているオダギリさんの回、ブログにアップしましたらたくさんのアクセスをいただきました。彼の人気の高さもあると思うのですが、同じような境遇にある方がかなりいらっしゃるようです。今回はいつにも増して重要なお言葉が多いので、アップとても感謝しております。
by ayakawa (2006-01-15 17:48) 

miho-rin

見てて面白かったですよね
オダギリさんの目がだんだん少年の目になってきて!
自分のブログでも思わず書いちゃいました
kanonさんの2こ前のブログで教えて頂いたのですが
三谷さんの回があるんですね
個人的に楽しみにしてます♪
by miho-rin (2006-01-15 22:43) 

kanon

prosperity_pie さん、こんばんは。
途中で終わってしまいすみません~。
>子供の頃、毎月買ってた「りぼん」の続きが気になった
>ソワソワ感を思い出します:)
 懐かしいですね^^
by kanon (2006-01-16 00:36) 

kanon

ayakawa さん、こんばんは。
>注目しているオダギリさんの回、ブログにアップしましたら
>たくさんのアクセスをいただきました。
 拙ブログも、木、金といつもよりアクセスが多かったので、
 オダギリさんの影響だったのでしょうか?
 ayakawaさんもいつも素敵な言葉を添えられて記事をアップされて
 いらっしゃいますね。ああいう風に書けるの、羨ましいです。
by kanon (2006-01-16 00:40) 

kanon

みほさん、こんばんは。
普段見ない知人もオダギリさんの回という事で、見て
面白かったと言ってました。面白かったですね。
ご自分のブログでも記事をアップされたのですね。
三谷さんの回も楽しみですね。
by kanon (2006-01-16 00:44) 

マルメロ

この回、絶品でしたね。
今までで一番ハラハラしました。
by マルメロ (2006-01-16 12:01) 

Lita

いつもお疲れさまです!
この回、加藤あいさんの予告を見たときから気になっていて。
めずらしくオンタイムで見た上にビデオまで録っています。
オダギリさんがちゃんと元気にやっていけるかこれからも
心配で!でもこの番組に出られたなら大丈夫ですよね。きっと。
by Lita (2006-01-16 12:26) 

愛子

kanonさんこんばんは!
いつもお疲れさまです・・・。そして、ありがとうございます。

みなさんおもしろかったとの感想が多いのですが、
私はいつもなら1週間録画して、毎日見ながら次ぎの回を待つのですけど
今回は怖くて消しました。

見ていて怖いんです・・・・。
何かが見えるわけでもないし、
テレビが見れないくらい怖くて消しました。

色んな意味でおもしろいのかもしれませんが
自分でもなんでこんなに怖がるのかわかりません。

良い勉強になりました。
by 愛子 (2006-01-16 20:39) 

わんこ

今年初めてお邪魔させていただきました
遅い御挨拶になりますが本年もよろしくお願いいたします

オダギリさんは仮面ライダーの時に見ました(子供が小さかったので)
その時と現在の着ている服があまりにも違うので驚いたのですが
意味があったのですね
とても面白く、興味深い内容でした 録画したのを何回も見てしまいました
好きな俳優さんなので良い方に変わっていかれる事を切に願います
by わんこ (2006-01-16 23:19) 

shirako

はじめまして、shirakoと申します。m(__)m
今回は、いつものちょっとした共感を通り越して、もうひとりの私を見ているかのような気持ちになりました。
一緒に見ていた母も、あれはまるっきり私と言うぐらいなのでびっくりです。
(違うところは、3つほどありましたがほとんど同じという一致ぶり)
それだけに、今回は特に勉強になりました。
by shirako (2006-01-17 00:05) 

SEA

kanonさんこんにちは。
2度目の書き込みになります。

今回、すごく楽しみにしてたのに何故か寝てしまい、
録画予約していたはずなのに何故か出来ておらず。
すがるキモチでブログを拝読いたしました。

見たという夫(単身赴任中です)に聞いてみたところ、
「見ない方がいい。見るもんじゃない。ハンパない」というコメントのみで、詳しくは教えてくれませんでした。
「まったくあれはまずいよー。音がぱしぱし鳴ってるし」
ということでしたが。
愛子さんと同じことを感じたのでしょうね。

中篇以降、楽しみにしております。
by SEA (2006-01-17 08:15) 

琵琶

今回もありがとうございます。
この回、前半と後半の雰囲気が見事に
分かれてましたね~。
うちのTVで、観てましたが、後半のコワイ部分は、
パシパシ音のこともありましたが、うちのTVも番組終わるまでずっと
「ブーン」って鳴ってるんです(@@;;
関西は1時間ほど遅く放映されるので、よけいこわくて・・

実は、今年になって、初めて観た回でした。
後半は怖かったけど、放送された内容は、今の
私にも学ぶべき部分が多かった・・。
本当、この回に関しては、アップしておられる
kanonさんにも、いつも以上に、頭が下がります、
by 琵琶 (2006-01-17 16:17) 

YUME

はじめまして!
大好きなバング気なのですがこのところ見逃しております。
状況が浮かんできて、ワクワクさせていただきました!
続きを楽しみにお待ちしております。
by YUME (2006-01-17 17:19) 

ao-lovestory-dvd

こんにちは、はじめまして。
とても丁寧に書かれているので状況がわかりやすくて
助かってしまいます:・(≧∇≦)・:
見逃した回もあるのですが、今までは
「これを見逃すという事は私には関係ない事なのかな?」とか
「見る結果になった人物は、私にとっても見るべき人なのかも!」と
思うようにしてたのですが・・・このブログを見つけて
「読む」という形で知るのはこれも必然なのかなあと実感しています。
ここがなかったら、考えることもなかったと思うので、
とっても感謝しております。
とても手間のかかる大変な作業だと思うのですが、
これからもよろしくお願い致します。

番組風に考えるのであれば、私がこのブログを見つけたのも
必然なのかもしれませんよね(^_^)
by ao-lovestory-dvd (2006-01-18 20:39) 

kanon

>マルメロさん、こんばんは。
レスが遅くなってしまい、すみませんでした。
この回、ドキドキハラハラして目が離せませんでしたね!

>wonder_style さん、こんばんは。
レスが遅くなってしまい、すみませんでした。
オンタイムで見られて録画されたんですね。
おっしゃられているように、番組出られたから大丈夫ですよね、きっと。
これから、今までにない役をされたら、良い方に行かれてるんだって証拠ですよね。ねぎらいのお言葉とnice!まで頂いてしまい。ありがとうございました。

>愛子さん、こんばんは。
レスが遅くなってしまい、すみませんでした。
愛子さんは録画消しちゃう位、怖かったのですね!
確かに、いつもBGMが無い時、機械音もジーとか、多少するんですが、
始まってBGMのない所でそれと違うキーかピーという高い音が聞こえてて
何か変な嫌な感じがしまして。いつもは、深夜2時過ぎでも打ち込みしたり
するんですがそのせいか、夜9時前位までに止めてました。
私はオダギリさんの表情の変化が面白かったんですよ。
怖いのは、何か意味があるかもしれませんね。

>わんこさん、こんばんは。
レスが遅くなってしまい、すみませんでした。
仮面ライダーご覧になってらっっしゃたんですね^^
良い方に変わっていかれると良いですね。
こちろこそ、今年も宜しくお願い致します。

>shirakoさん、はじめまして。
レスが遅くなってしまい、すみませんでした。

似た所がたくさんあったのですね!
もうひとりの自分を見ているかのようなお気持ちだったんですね。
ご覧になった事に、凄く深い意味があったのでしょうね。
ポツンと夕方、独りで部屋に居る小さなオダギリさんを思ったら
画像でイメージが浮かび、あまりにも寂し過ぎて、勝手に涙が出てました。
ここの所は、切なかったです。
by kanon (2006-01-20 19:39) 

kanon

>SEAさん、こんばんは。
コメントのレスが遅くなってしまい、すみませんでした。
2度目の書き込み、ありがとうございます。

楽しみにしてたのに、疲れてたり、何故か、録画出来てなかったり。
不思議にありますよね;だんなさまがまずいっておっしゃってたんですね。
怖がりの方や、何か勘のよい方は直接ご覧になられない方が良かった
回だったのでしょうか;

>琵琶さん、こんばんは。
レスが遅くなってしまいすみませんでした。
「ブーン」って音も夜中には怖いですね。
確かに、11時始まりより、12時以降は怖さが増す時間ですよね(><)

>YUMEさん、はじめまして。
レスが遅くなってしまい、すみませんでした。
このところ見逃されてしまってるとの事、残念ですが、お役に立てて
よかったです。nice!まで頂いてしまい。ありがとうございました。


>あおさん、こんにちは、はじめまして。
レスが遅くなってしまい、すみませんでした。
「必然」、『オーラの泉』で、よく出て来る言葉ですよね。
私も色んな必然によってこの聞き書きをさせてもらってるのかもしれません。
うーん・・・。nice!頂いてしまい。ありがとうございました。
こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。

>俺さん、こんばんは。
nice!ありがとうございました。
by kanon (2006-01-20 19:59) 

NO NAME

オーラの泉を最近見出しました。なんでもっとはやく見てなかったんだろう!過去の放送がどうしても気になっていたときに、このブログを見つけました。
本当にありがとうございます。感謝感謝です。大変だとは思いますがこれからも続けてください。楽しみにしています。
by NO NAME (2006-01-21 00:24) 

kanon

NO NAMEさん、こんばんは。
>オーラの泉を最近見出しました。なんでもっとはやく見てなかったんだろう!
>過去の放送がどうしても気になっていたときに、このブログを見つけました。
 なかなか、番組に気づけない時ってありますよね。
 これから見れるといいですね。過去分、お役に立てたようでよかったです。
 お心遣いのお言葉もありがとうございました。
by kanon (2006-01-21 00:29) 

はじめまして!
オーラの泉、私も最近見だしまして。
番組の内容がとっても分かりやすく書かれていてすごいですね^^
こんなに詳しく書かれるのは大変だと思いますが、
がんばってくださいね!
続き楽しみにしています^^
by (2006-01-21 11:12) 

macha

はじめまして
見逃してすごいくやしい思いをしてたので、かなりラッキーでした。
すごい事細かに書いてあって、(仕草とか)まさに放送の通りという感じです。番組の雰囲気がすごい出てます(^^)/
続き楽しみにしてますので頑張ってください。
by macha (2006-01-21 20:57) 

kanon

>萌さん、はじめまして!
レスが遅くなってしまい、すみませんでした。

ここ最近から見られてるのですね。
分りやすいですか?そう言って頂けると嬉しいです。
でも、わりやすくなったのは最近かもしれません。
以前のものはかなり読みにくいと思います。
応援のお言葉とnice!ありがとうございました。

>はじめまして、machaさん
レスが遅くなってしまいすみませんでした。

>見逃してしすごいくやしい思いをしてたので、かなりラッキーでした。
 見逃されたのは残念でしたが、お役に立ててよかったです。

>番組の雰囲気がすごい出てます(^^)/
 拙いですが、そういって頂けると嬉しいです。
 励ましのお言葉とnice!ありがとうございました。
by kanon (2006-01-26 20:46) 

まり

海外に住んでいるので、こういうblogは凄くうれしいです。
オダギリジョーのファンなので、彼の数少ないテレビ出演の内容がしれて感激です。
ありがとうございました。
by まり (2006-03-18 15:29) 

kanon

まりさん、こんばんは。レスが遅くなってすみませんでした。
海外にお住まいなんですね。喜んで頂けて、嬉しいです。

>オダギリジョーのファンなので、彼の数少ないテレビ出演の内容が
>しれて感激です。
 オダギリさん、トーク番組には出ませんものね。
 お役に立てて、よかったです。
 去年から出演されているライフカードの新しいTVCMも面白いですよ。
 HPで見れるかな?
by kanon (2006-03-22 23:33) 

張

オダギリジョーのファンです。番組を見て聞き取れなかったところがありますので、これがあれば分からない言葉をゆっくり辞書調べることもできて、大変助かりました。

by 張 (2010-02-13 10:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。