So-net無料ブログ作成
検索選択

「オーラの泉」・森公美子さん・後編(二十九回) [オーラの泉1時間ver.]

中編の続きです
中編→http://blog.so-net.ne.jp/k-tantan/2005-11-15-1
前半→http://blog.so-net.ne.jp/k-tantan/2005-11-12

森公美子・オーラのカルテ】
「色々と、観音さまとか色々ちょっと出て来たんですけど
もう一度整理するためも。まず、オーラの色から」太一くん。
「はい、オレンジ、赤、紫。えー、それと後は少ーし黄色がちょこちょこっと放ってて。
それでいてね、少ーし金になっているんですね、そこの部分がね」江原さん、
ハンカチを片手に持ちながら森さんの方を指し示す。森さん、上の方を見上げて楽しそうな笑顔。

【オーラの色:オレンジ・赤・紫・黄色・金】

「でいてね、すてきな色んな色合いを持ってます。だから“紫の慈愛”、“オレンジの大らかさ”
“赤の情熱”、そして、そういう、あの一生懸命自分自身ね、やっぱり、その“英知を探る金”とか
そういったものがとても。で、“黄色は朗らかさ”でもあるし。色んなだから色合いを持っている
すてきなあれですよ」江原さん。目を見開いて口を少し開けて驚き聞きいっている森さん。
「バランスのいい」江原さん。
「バランスがいい」太一くん。

〔紫・・・慈愛 オレンジ・・・朗らか 赤・・・情熱 黄・・・ひょうきん 金・・・英知〕

「お二人と一緒じゃないですか」森さん。
「ふふふ」美輪様。
「同じですよ」森さん。お二人の方に向かって覆ってるような仕草。
「私は真っ黒けのけ」美輪様。
「いえいえいえいえ、凄いですよ、同じ色」森さん。
「私、まっ茶っ茶の茶です」江原さん。
「オーラが見えるんですか?同じようなオーラ」太一くん。
「あの、オーラ返しさせて頂きました」森さん。
「オーラ返し、すーごいなー!」太一くん。江原さん、手を上に挙げ、拍手。スタッフ笑い。
「ふふ」美輪様。

「同じような感じの色なんですか?」太一くん。
「今、あの美輪さんの色は凄く紫と黄色と金がグワーッとこうなってる感じで。
もの凄く暖かい色なんですよ、ここが。
もの凄く暖かくて。あのー冷たい色が一つも無いんですよ」森さん。
江原さんに向かって手を大きく開いて動かす。
「ふふふふふふ」江原さん。
「何でだろう?と思う」森さん。
「これ、新しいパターンですねー。『これ、見られてる』っていう」太一くん。一同爆笑。
「面白いわね」美輪様。

「いえ、ほんっと!暖かいですよねー」森さん。
「いや、そんな。とんでもない」江原さん、会釈する。
「なんで芯から暖かいんですかー?!」森さん。
「ぷぷ」江原さん。
「びっくりしちゃーう!」森さん。
「こちらも後ろが観音様だからね」美輪様。

「ああ!(美輪様の方へ向いて)でも気高き、凄いのがいらっしゃるんですね、こうやって見ると。
もっの凄ーい!私、一生美輪さんに付いて行こう」森さん。
美輪様のほうを向いて。真顔。美輪様、笑顔。
「何かあっても、ここに来れば大丈夫っていう」森さん。
「いや。でも厳しいですよ、後ろの方」美輪様。一瞬真剣な顔。後ろを指し。
「後ろの方、美輪さんに厳しいけど、私達には優しいですよ」森さん。
美輪様の方と森さんの方へ手を交互に動かす。
「あ、そう、他の方にもの凄い優しい」美輪様。にっこり笑う。スタッフ笑い。

「美輪さんにだけなんで厳しいんですかね?」太一くん。
「いや」美輪様。
「課題がいっぱいあるからですよ」森さん。
「ほー」太一くん。江原さん、頷く。
「うん。だから、自分の所の身内には厳しい」美輪様。
「えーえー・・」太一くん。

「どういうものですかね。あれ、みんなそうですよね」江原さん。森さん、美輪様を手で指し示し。
「お宅もそうでしょう」美輪様。笑顔。
「私にばっかり厳しい」江原さん。自分を指差し。
「色んな種類の方いますよね」森さん。
「すっごく優しい、人には」江原さん。
「すっごいあったかいですよ、今すごいカァーと」森さん。自分が浴びてるように。

「こちらね、あなたと同じでね」美輪様。
「ここが火照る」森さん。顎の下を撫でる。スタッフ誰かが小笑い。
「あの、ひいお祖母さまがね、すごい霊能者でいらっしゃるでしょう」美輪様。
「そう」森さん。
「こちらもひいお祖母さまが、もの凄い霊能者だったの。
それでお祖母さまもそうだったのね」美輪様。江原さん、手を自分に向ける。
「そう。それで空襲生き残った人ですから」江原さん。
「はあ~・・・」太一くん。

「『ここは絶対やだ』ってたら。焼けちゃうとか。それで防空壕にも入らなかったりとか」江原さん。
「だから、似てるわよね」美輪様。笑顔で江原さん、
森さんを手を動かさず指だけで交互に指し示す。

「ほんとに今。電車でね、昔通ってる時も電車で。何か知らないけど、自分の駅だと思ってね。
自分の駅にしか見えないんですよ。パッと降りて、ハッと気がついて・・
『あれ?これ一つ前の駅じゃん!』って思って。
『いやあだ!』と思って。もう行っちゃったんですよ。夜だから列車が15分位待つわけ、20分とか。
『参ったなあー』とか思ってたら、遠くの方で『トゥートゥー、トゥートゥー(救急車のサイレン)』
とか聞こえて来たんですよ。列車が来て乗り込んで行ったら。もし、前の電車に乗ってたら
私の降りたその所に車がバッて来たの。で、歩行者が轢かれちゃったの」森さん。

「え・・、あ、じゃ、そのタイミングで・・」太一くん。
「前のやつで降りてたら」森さん。
「確実に轢かれてたって事ですか」太一くん。
「ケガしてた」美輪様。
「ケガしてた。その前に降りて。『なんで私この一つ前の駅で降りたんだろう?』」森さん。
「それ。でも自分が、駅だっていうのがわかって」太一くん。
「絶対ここ!もう確信があって『はい!』って降りました」森さん。表示があるかのように指差し。
「私、けっこう慎重派でA型ですから几帳面なんですよ。確信して」森さん。
指差し、うん、うんと頷き。
「間違いない、と」太一くん。同じ方向を指差す。
「よし!」森さん。スタッフ笑い。
「降りたら、違った」太一くん。

「面白いわね」美輪様。江原さん、頷く。
「こういう事が、大なり小なりは色んな部分で
ナチュラルにしとくと助けてくれるんだな』という風に思って。
で、あの何かこういつもフワーっとしとこうと。
で、メッセージが来た時にそれに動けるように?」森さん。
「そのメッセージは誰が出してるんですか?前世、それとも守護霊さん?」太一くん。

「守護霊さん方、もう色んな人達。そのだから、あのひいお祖母さんの関連もあるけれども
観音様も見えるでしょう。あと、一番中心の守護霊さんかなと思う人が二人いらっしゃって。
一人は尼僧さん」江原さん。

【守護霊:尼僧】

「で、あの昔のね尼僧さん、尼さんの恰好した人。もう一人の方はね
凄く美しい着物を着ているね、いわゆるそのなんて言うのかな。
どこかの村のお姫様みたいな感じの人でね。もの凄い霊能のあった人だったんですね」江原さん。

【守護霊:霊能の強いお姫様】

「だから大体がもうね、霊能者だらけ」江原さん。
「えええ、周りが」太一くん。
「そうですね」森さん。頷く。
「ほおー」太一くん。
「多いですね」森さん。
「もう。こんな今日ほど気楽な回無いですよね。
だって、なんでもツーカーじゃないですか」江原さん。笑顔。
「うーん」森さん。
「凄いですもん。だって、もう」太一くん。
「見事に」森さん。
「全員が上の方しか向いてなかったですから」太一くん。一同大爆笑。

「だって、懐疑的なゲストの人はバリア張っちゃいますもん」江原さん。
「バリアっていうかね。それ、そういうバリアを作れば作るほど、自分の本能とか
いいものを受けられなくなっちゃうと、思うんですけどねー」森さん。江原さん、大きく頷く。
「その『オーラの泉』のゲストの方、ちょっとバリア張ってる人居るなとわかりますか」太一くん。

「もう見える、見える」森さん。一同大爆笑。
「普通の人とちょっと見方が違いますからね、テレビの見方が」太一くん。
「すっごい!なんか面白いの!この番組は凄く。どうやって言うんだろう?と思うと!」森さん。

「それ、一般の視聴者の方が楽しむ」太一くん。
「ここまでは言っていいけれどもね。まあ、誰かみたいにね、とにかくグサーってバーって言う
投げ捨てり、切り捨てりの言い方もあるけれども。やっぱりこの番組は
『あくまでもゲストの方に決して恥をかかしちゃいけない!』ってのがモットーだから」美輪様。
「はーい」森さん。

「だから、どこまで言っていいか、色んな事がわかってても
『あの言っちゃいけない』って思うとね、言わないしね。お互いに」美輪様。江原さんに視線を。
「だから番組が終わってから、
『こうこうこうで、こうでしょ。これはこうなさった方がよろしいですよ』
っていう事は終わってから言うのね」美輪様。
「あ、そうなんですか、優しい」森さん。

「ここで言えない事もいっぱいあるわけ」美輪様。
「言って無いなあ、と思って」森さん。
「それで、美輪さんからテレパシーでね。ピュウって笛が来るみたいなもの。指令で」江原さん。
「ピーッて!」森さん。
「『向うから回んなさい』とかね。そういうのが、テレパシーで来る」江原さん。
「終わってから」、美輪様。
「二人でインカムだけですよね」森さん。両手で美輪様、江原さんを指し示す。

「インカムで」森さん。江原さん。耳に当てるように。
「そのインカムくれないんですよ、僕には」太一くん。スタッフ爆笑。
「ねえ!冷静に見てると面白いもん、そこが!この二人のやり取り」森さん。
「あはははは」美輪様。
「あはははは!」森さん。高い声で
「すげえー見方、それ」太一くん。
「こそこそ話もありますでしょう?」江原さん。
「そうそうそう」森さん。
「そういった時はそれだけじゃ、インカムじゃ足んない時にちょっと」江原さん。
「そう、そうそうそう」美輪様。
「スルーパス出してる、みたいなね」森さん。
「ちゃんとバレてんのね、あなたには。あっはははは!」美輪様。森さんを指差し。

「同時に見ちゃう時もありますよ。いっつも面白い。同時に見てる。
二人で美輪さんと顔合わせて」江原さん。美輪様と江原さん、顔見合わせて。
「そう!」美輪様。
「どうする?ってのありますよね。私、それ見た事ある。
それも『どうする?』っていった時に」森さん。一同爆笑。
「ふふふ!」美輪様。

「時々、僕も時々あの江原さんに『何とかなんですか?』って質問しても
全然話題逸らす時、あるんですけど。その時は完全に色々と」太一くん。
「いや、違う。呪文唱えてるんですよ。『こっち来ないように、こっち来ないように』
ちょーっと変なものみちゃったなあ』っていう時は」森さん。
「また、変な所でね、やっぱり、国分さんもね、霊能が強くなって来てるのかね。
『これ、触れないでね、触れないでね』って言うと触れんですよ、また!」江原さん。
「あーー・・・」森さん。
「あはははははは」』美輪様。
「そうなんですか?」太一くん。ショックで固まり。

「でね、変なところで振って来て、『それ、聞かないで欲しかったー・・』」江原さん。
「それは上の方で俺、空気読んで無いんですねー」太一くん。江原さん首を振って否定。
「感じちゃうの」江原さん。
「いや、違うの。勘がいいから」森さん。
「そうなんですか」太一くん。
「自然とそう行くわけ」森さん。
「ああー・・」太一くん。
「だから、すごく力を持ってきてるのよ」森さん。太一くんの方に手を差し伸べ。
「そう」江原さん。
「最近」森さん。
「え!」太一くん。

「始めはね、何かダメだなあって思ったんだけど」森さん。
「はははは!」太一くん、大爆笑。一同大爆笑。
「あ、この人起用したのは、そういう所で居て欲しいからだと思ったんだけど。
最近、凄いよ。ほんとに」森さん。
「マジですか?!」太一くん。
「いいよ、色変わって来てるよ」森さん。太一くん、思わず笑顔。
「オーラの色ですか」太一くん。
「オーラ変わって来てる」森さん。
「レベル高いっすねー!」太一くん。びっくり顔。
「いい、いい。いい方に行ってるよ」森さん。
「そうですか。・・・うわー・・、先生達、ありがとお!」太一くん。一同大爆笑。

「なーんか。なーんか、すごい回ですね今日は」太一くん。
美輪様、口を両手で押さえて笑い。江原さん、前につんのめって静止して笑い。
「あはははははは!」美輪様。
「“使命”ですね、もうほんとに」太一くん。
「でも、そろそろお役目の時機が来てるの。うん」美輪様。
「ええー・・?」森さん。

「ま、その霊能者としてね、ただそういう商売しろ、っていう事じゃなくね。
それと、『自分のコンサートとか、霊能の仕事とドッキングさせて、
別な“新しい仕事”なさいよ』という事なの」美輪様。
「はあー・・・なるほどー・・」森さん。
「そうするとね、エンターティメントの歌のサービスって言うんじゃなくてね。
ほんとに元来、歌いたかった歌の方へ歌も行っちゃうのよ」美輪様。頷く江原さん。
「いや、私はもともとジャズ歌手になりたくて。今方、向がそっちなんですよ。
ほんーっと。ミュージカル、もちろんやってますけど。
クラッシックはほとんどやって無いんですよ」森さん。

「うん。だから、それと、つまりその歌と歌の間にその霊的なものや
何かの色んな啓示を受けたものを喋り。それでその歌の心に繋げて行くという方法を取ると
また、すばらしい世界が広がる、ね」美輪様。優しい口調。
「ある意味でねー、あのジャズ。もちろんすばらしんだけど、
やっぱりねゴスペル、うんー」なんだと思うんです江原さん。
「ゴスペル、かかってます」森さん。ひそやかな声だけれど満面の笑み。
「たりでね、直結してる」江原さん。
「ああー・・、大好きですね。コンサートでも歌ってますね」森さん。
「だから可能性の塊よ、これから」美輪様。

「歳で終わりかと思ってたら」森さん。
「いやいや」太一くん。
「これから“始まり”じゃない」美輪様。
「開けてない扉を開けましょうよ!」太一くん。
「ちょっと開けますわ」森さん。

「今までの、でね。随分色々やって来たしね。『あ、もう疲れてきちゃったし』ね。
なんとかかんとかという風に。ま、男性だったりしても日本の芸能界のレベルはねー
『要求がこの程度だから』とか、『あー、これ以上頑張っても無理かな。これがあたまかな』
だと色んなあったと思うのね」美輪様。頷く森さん。じっと聞き入る。

「だけど、今までの人生体験とか。アメリカ行ったり、イタリー行ったり。
いろんな事やったり、色んな人と付き合ったりとかさ、色んな。
全部、基本教育だったのよ。・・・・つまり
人間てのは二十歳までが人間として生きてく為の基本教育受けるわけじゃない。
二十歳から、やっと人間になって自分で歩き出すわけじゃない。
だから、これから二十歳になって
これから社会人として踏み出すわけ。自分の新しい道を」美輪様。
「うわー・・すーっごい。今、キー、キラキラ光って見えた。うわーあ!っと」森さん。
すごいの所、太一くんと被る。

「いやー!今日は凄い回でしたねー!」太一くん。
「お父さんがね、『車のキーはちゃんと抜こうね』って」江原さん。指で鍵を回す感じに。
『あはははははは!ははははは!」森さん。パンパン!と手を叩く。
「抜こうね、って。抜くの忘れちゃったり、ね。そういう」江原さん。
「そういう。よくJAF(ジャフ)呼びますよ。はは、この前も呼びましたから。
あっはははは。何で~!?」森さん
「お父さんが。『それだけはしようね』って。優しいの言い方が」江原さん。
「『運転気をつけろ』って言ってるでしょう?はっはっは・・・」森さん。うんうんと頷く江原さん。
「そうそう」江原さん。
「ふふふふふ」美輪様。

「・・・・凄い、今日は」太一くん。はあーって表情。
「私ねずっと、高揚したまま、あのほっぺたが何か凄い熱いの」森さん。満面の笑顔の江原さん。
「自分の中で、こんだけ会話してもあまり疲れない感じですか」太一くん。
「然、これずーっと24時間出来る感じ」森さん。一同笑い。
「喋っててられるわけですか、24時間」太一くん。
「ごめん、ごめん。テープ無くなるでしょう?ほんと、すみません」森さん。
「はははっはは!」美輪様。

【エンディング】
「さあ、森さん。お二人の話し聞いてどうでしたか」太一くん。
「私ね、ちょっとね弱ってたんですよ。ホント、正直言うと」森さん。
「ええ」太一くん。
「で、美輪さんに連絡しようと思ってて」森さん。
「はいはい」太一くん。
「美輪さんの名前を携帯に何回も出して、『どうしようかなー、どうしようかなー・・』
思ってる矢先の出来事だったんです!」森さん。
「に!この『オーラの泉』がもう決まっていて」太一くん。
「ほんっとに、だからちゃんと導いてたんですねー、うんー」森さん。

「じゃ、もう今日で、その悩みだったりとか、そういうもの解消されたって事ですか?」太一くん。
「全然解消されました。
それにちょっと弱ってた自分の中にすんごいパワーがドーン!ドーン!と。
二人の後ろに付いてるのが、ギャー!!二カーッ!て笑いましたからね」森さん。太一くん爆笑。
「私向いて。もう、開眼しました、私。『これでいいんだあ!!』ってなってね。
『全然、もう、これでOK』って事がわかったんで」森さん。
「いやあ、ほんとに、僕も一つ気付く事があるんですけども。
オープニングより声がデカい」太一くん。ちょっと顔を歪める。一同大爆笑。
「あはははは!」森さん。思わず両手で顔全体を隠す。
「確実に、確実に!」太一くん。
「デカい!確かに」森さん。

【森公美子・オーラのカルテ】

◇オーラ・・・オレンジ・赤・紫・・黄・金

◇守護霊・・・尼僧さん・霊能の強いお姫様

◇補助霊・・・お父さん

◇そして・・・お役目の開始時期

【オーラの言葉・・・人間いくつになっても新たな道へ踏み出す時が来る
           それまでの苦労や人生体験はその時ための「基本教育」】

本当に長くなりましたが、ここまで読んで下さってありがとうございました。
次回のゲストさんは鶴見辰吾さん。「演技派俳優が持つ不思議な力」との予告です。


nice!(5)  コメント(38)  トラックバック(4) 
共通テーマ:テレビ

nice! 5

コメント 38

prosperity_pie

kanonさん、力作ですね、ありがとうございましたー!読ませていただけてとても楽しかったですよー!!!!この3人の会話、いいですね!こっちまで元気がでました:)これからもよろしくお願いします、もちろん無理のない程度に!そういえば黄色いほうのネコさんはお元気ですか?
by prosperity_pie (2005-11-16 21:40) 

かりん

kanon様、はじめまして。私中国在住の者です。一時帰国していた際にオーラの泉を見ておりまして、夏に戻った際はもう見れなくなると落ち込んだものです。その後番組のHPを見ていたのですが、詳しく内容まで知ることが出来ずもやもやしておりましたが、あるカキコミでこちらのブログを教えて頂きました。何と全文!驚きました~!すごい作業ですよね。本当~に感謝しています。こちらの生活はしんどいのですが、毎週水&土のアップを何よりの楽しみにさせて頂いてます。 これからもどうぞよろしくお願いしますっ! 寒くなりますのでお身体にはご留意下さいませ。御礼まで‥
by かりん (2005-11-16 23:30) 

ゆうゆ

お礼に地元情報として・・・。
森さんのお兄様もそっくりです。
大きくて穏やかでよく笑って。
私、一度お兄様にチケットを頂いて
森さんのお芝居を拝見したことがあります。
もう、10年位前の懐かしい思い出です。
その時、森さんが「今日家族来てるから緊張してんだよねー」って
話して笑っていました。
by ゆうゆ (2005-11-17 08:13) 

mokuren

はじめまして、kanonさん。初めてブログにたどり着いたときは感激でいっぱいでした。いつも細かく「オーラの泉」を記録してくださってありがとうございます。
美輪さんと江原さんの言葉で聞き逃したところがあるとこのブログで確認させていただいてます。本当に感謝しています。日本で一番「オーラの泉」に詳しいと思われるkanonさんに伺いたいのですが、次回ゲストの佐藤珠緒さんって、以前出演されていませんでしたっけ?番組HPで過去の出演者のオーラの色や守護霊の記録を見ていたときに、彼女が「本当はインテリ」って読んだ記憶があるんです。だから、次回のゲストの案内が出た時「深夜でやって好評だったゲストを再放送するのかな?」って思ったの。もし、私が変な事言っていたらごめんなさい。でも、佐藤珠緒さんがゲストに出た(出る?)ってご存知ありませんでしたか?もし私の勘違いだったとしても気にしないでくださいね!
by mokuren (2005-11-17 14:57) 

どきどき

はじめまして。すばらしいです。
2週も続けて見逃してしまって、木曜日の朝にがっくりするというのを
繰り返しておりました。、、、なんて素敵なブログでしょう。
本当にすごく大変だと思うのですが、私もかりんさんと同じく何よりの
楽しみとさせていただきます
by どきどき (2005-11-17 14:58) 

タマスケ@CA

Kanonさん、いつもいつも、どうもありがとうございます。
日本の家族から「今回ほど楽しい回は無かったよ。」と聞かされていたので、本当に楽しみでした。
腱鞘炎は、その後大丈夫でしょうか?
江原さん曰く..「病気にも意味がある..」そうですから、ご無理をなさらないで下さいね。
美輪さんのお話しになられた
「誰かみたいにね、とにかくグサーってバーって言う投げ捨てり、切り捨てりの言い方もあるけれども。やっぱりこの番組は『あくまでもゲストの方に決して恥をかかしちゃいけない!』ってのがモットーだから」
の部分を読んで、「北風と太陽」のお話しを思い出しました。
太陽みたいに暖かくアプローチするには、やはりそれなにに時間がかかるのでしょうね。
時間の無い人には「北風」の様に、ピューっと強い力で吹き飛ばす方がてっとり早いのかもしれないなぁ~なんて、思いました。
放送時間が長くなっても同じように詳しく書いて頂き、本当にありがとうございます。
寒くなりますが、お体を大事になさって下さいね。
(ちなみに私は週末に風邪をひいてしまいました。。。)
by タマスケ@CA (2005-11-17 18:02) 

3210

 有難う御座います。 
しょっちゅう見逃しますが、お蔭様で、楽しむことが出来ます。 
感謝、感謝!
by 3210 (2005-11-17 23:19) 

ルナ

kanonさん。はじめまして。
大変な作業を、ごくろうさまです。そして、ありがとうごいます。
森久美子さんの回、ものすごく楽しみにしていたのに、テープ切れで…。
このページを見つけて、満足することができました。
本当にありがとうございます!!
by ルナ (2005-11-18 16:30) 

夏+2

いつもご苦労様です。
今回はレベル高かったですね。
番組の中に、モリクミさんの亡くなった友人の話が出てきますが、別の番組でもおっしゃられてて、この友人は自殺された方で、自分の自殺は自殺すると予め決められていたとモリクミさんに告げたらしいです。しかし、江原さんの著書によると、自殺は宿命ではなく人生の途中放棄であることを記されています。このことが今回番組中で解決するのではと期待していたのですが、友人の言ったこと、集中力が云々等の真偽はサラリと流されちゃいましたね。
by 夏+2 (2005-11-19 20:10) 

アコ

ありがとうございます!
先週も先々週も見逃してしまったので、こちらを見つけたときは本当にありがたかったです!
番組を見ているのと同じように細かい描写まで書いてくださっていて、
森くみさんが話しているような気がしたくらいです。
書き込みをするのは大変労力を使うことと思います。
本当に感謝しています。ありがとうございました!!
by アコ (2005-11-20 02:54) 

2114

割り込みカキコさせて頂く
ようで恐縮ですが、
初回からみてますが、
さとう珠緒さんが
オーラの泉に
過去に出られた
記憶が私にはありません。 
by 2114 (2005-11-20 20:09) 

kanon

プリシラ19号さん、こんばんは。
nice!ありがとうございました。
by kanon (2005-11-20 20:48) 

kanon

prosperity_pieさん、こんばんは。
>読ませていただけてとても楽しかったですよー!!!!
 楽しんで頂けて何よりです^^

>この3人の会話、いいですね!こっちまで元気がでました
 楽しくて元気でますよね^^

>これからもよろしくお願いします、もちろん無理のない程度に!
 こちらこそ、宜しくお願いします。

>そういえば黄色いほうのネコさんはお元気ですか?
お蔭さまで元気です。寒いのにベランダでニャーニャー言ってます(近所迷惑;
by kanon (2005-11-20 20:51) 

kanon

かりんさん、はじめまして。
中国からいらっしゃったんですね。

>こちらの生活はしんどいのですが、毎週水&土のアップを何よりの
楽しみにさせて頂いてます。 これからもどうぞよろしくお願いしますっ! 
 文化、習慣、言語の違う外国での生活は大変ですよね。
 せめて、レビュー書く事で応援になればと思います。
 こちらこそ、宜しくお願いします。

>寒くなりますのでお身体にはご留意下さいませ。御礼まで‥
 お心遣いのお言葉、ありがとうございます。
 かりさんもお体に気をつけて頑張って下さいね。
by kanon (2005-11-20 20:58) 

kanon

ゆうゆさん、こんばんは。
レアーな地元情報ありがとうございました。
お兄様もお父さまと同じですてきな方なんでしょうね^^
森さんの「緊張してんだよねー」も可愛いですね^^
by kanon (2005-11-20 21:01) 

kanon

mokurenさん、はじめまして、
>いつも細かく「オーラの泉」を記録してくださってありがとうございます。
いや、そんな事はないですよ(汗)

>次回ゲストの佐藤珠緒さんって、以前出演されていませんでしたっけ?

関西の方で玲子さん(うちにコメント下さってるゲストさん)が関西の番組で
江原さんが彼女を霊視した時の様子を書いて下さいましたので
そちらの番組ではないでしょうか?「オーラの泉」のレギュラー放送は一回も見逃してませんので珠緒さんは出演されていませんよ。
なので、次回ゲストでさらに深く霊視されるのではないのでしょうか?
どんな転機なのか楽しみですね。
by kanon (2005-11-20 21:10) 

kanon

どきどきさん、はじめまして。
>2週も続けて見逃してしまって、木曜日の朝にがっくりするというのを
繰り返しておりました。

それは悲しいですよね(涙)でも、お役に立ててよかったです。

>本当にすごく大変だと思うのですが、私もかりんさんと同じく何よりの
楽しみとさせていただきます。

>最近、きっと「これは私の修行なのかも?」と思ったりもしてます。
楽しみにして頂いけてるなら何よりです。でも、水曜11時15分、お忘れなく!
by kanon (2005-11-20 21:17) 

kanon

タマスケ@CA さん、こんばんは。

>腱鞘炎は、その後大丈夫でしょうか?江原さん曰く..
>「病気にも意味がある..」そうですから、ご無理をなさらないで下さいね。
 ありがとうございます。重い物持つと辛いですが、何とかやっていけてます。

>美輪さんのお話しになられた「太陽みたいに暖かくアプローチするには、
やはりそれなりに時間がかかるのでしょうね。
 あえて、それをやってらっしゃる美輪様、江原さんには感服しますね。

>時間の無い人には「北風」の様に、ピューっと強い力で吹き飛ばす方がてっとり早いのかもしれないなぁ~なんて、思いました。
 私は聞いて某占い師さんを思い出しました。手っ取り早くわかりやすいですが
 あれでいいかは疑問なので、最近はまったく見ておりませんが・・・。

>放送時間が長くなっても同じように詳しく書いて頂き、
>本当にありがとうございます。
 端折ろうかと記事に書きましたら、やはり細かくして欲しいと言って
 下さる方が居られたので。これでいいのですよね?

>寒くなりますが、お体を大事になさって下さいね。
>(ちなみに私は週末に風邪をひいてしまいました。。。)
 お心遣いのお言葉、ありがとうございます。
 タマスケ@CAさんもお風邪早く良くなりますように!
by kanon (2005-11-20 21:30) 

kanon

3210さん、こんばんは。
>しょっちゅう見逃しますが、お蔭様で、楽しむことが出来ます。 
感謝、感謝!
 見逃さないでご覧になれたら一番なのですが、なかなかお忙しい日常の中、 そうもいきませんよね・・。こちらこそ読んで下さってありがとうございます。
by kanon (2005-11-20 21:33) 

kanon

ルナ さん、はじめまして。
>ものすごく楽しみにしていたのに、テープ切れで…。
 こう、なぜか大事な時に限って足りなかったりしますよね、テープって。

>このページを見つけて、満足することができました。
 お役に立ててよかったです。次はどうか残量チェック抜かりなく!
by kanon (2005-11-21 00:45) 

kanon

夏+2さん、こんばんは。
本当にレベル高かったですね!
件の自殺のお話はこの回で美輪様がおっしゃていた
「ゲストに恥をかかせては~」の部分に当たるのではないのでしょうか?
なので、江原さんの著書の記述の事に関して触れなかったのでは?
と思いましたが、本当のところはどうなんでしょうね。
by kanon (2005-11-21 01:43) 

明石

この回、ちょうどビデオとりそこなってしまいましたので
残念に思っていたところ、こちらを拝見しました。
本当に楽しく拝読しました。心から御礼申し上げます。
私も人にやさしくありたいと心から思いました。
帰って来るのは笑顔で十分!!ですね。
by 明石 (2005-11-21 14:13) 

mokuren

お返事ありがとうございます。1つのコメントごとに丁寧に返事をされているkanonさんに尊敬と感謝の気持ちで一杯です。
実は間違えなくkanonさんのブログの中で彼女が出演したときのブログを読んでいるのです。変なことを言っていると思われるでしょうけど。 kanonさんが間違えなく彼女の記録を残すまでは平和だって事かな。 起きている時にこれだけはっきりと別の時間にリンクしたことは無かったので、私自身慌ててしまいました。お騒がせいたしました。
また、プログ拝見させていただきたいと思っております。ありがとうございました。
by mokuren (2005-11-21 17:18) 

ともこ

2回目の書き込みさせていただきます。
いつもすばらしいお仕事ぶりには頭が下がる思いです。
森さんの回はなんとなく見逃してしまったのですが・・・
こんなにおもしろかったとは!!
じっくり読ませていただきました。ありがとうございました。
森さんの前世は、こういっては何ですが・・・
とってもロマンチックですね。
そのお城も覚えているなんて。(どこのお城か知りたかったです^^)
いつもは、ゲストの方が日本人のせいか、前世も「日本の○○」
と言われることが多い気がするので、そういう意味でも新鮮でした。
森さんは、いまのご主人と結ばれて本当によかったですね^^

kanonさん、これからも無理をなさらなずに頑張ってください。
by ともこ (2005-11-21 20:37) 

junko

kanonさん 初めまして。タイのバンコクからです。
オーラの泉の大ファンです。番組の内容を全て事細かに載せて頂いて
本当にありがとうございます。お蔭さまでkanonさんのところで番組を
拝見する事が出来ます。とても楽しい時間を持つ事が出来ました。
有り難うございました。
by junko (2005-11-22 00:01) 

kanon

アコ さん、こんばんは。
>先週も先々週も見逃してしまったので、
>こちらを見つけたときは本当にありがたかったです!
 見れなかったのはとても残念ですが、お役に立ててよかったです。

>番組を見ているのと同じように細かい描写まで書いてくださっていて、
>森くみさんが話しているような気がしたくらいです。
 それはきっとアコさんが以前ご覧になった森さんのイメージの記憶が
 出て来たのでしょうね^^幽霊の話も面白いのはすごいです^^

ねぎらいのお言葉ありがとうございました。
by kanon (2005-11-22 21:57) 

kanon

2114さん、こんばんは。
答えて下さってありがとうございました。
割り込みなんて事ないですよ。
by kanon (2005-11-22 22:13) 

kanon

明石さんこんばんは。
こちらこそ、楽しく読んで下さったとの事、ありがとうございます。
お困りの所、お役に立ててよかったです。

>私も人にやさしくありたいと心から思いました。
>帰って来るのは笑顔で十分!!ですね。
 本当に、かく有りたいですね。
by kanon (2005-11-22 23:21) 

kanon

mokuren さん、こんばんは。
>1つのコメントごとに丁寧に返事をされているkanonさんに
>尊敬と感謝の気持ちで一杯です。

いえいえ、皆さん毎日お忙しい中、長いレビューや私の拙い記事を読んで
見て下さり、その上コメントまで下さるんですもの。
お返事するのは遅れがちですが、楽しみでもありますから。

>実は間違えなくkanonさんのブログの中で彼女が出演したときのブログを
>読んでいるのです。変なことを言っていると思われるでしょうけど。
>kanonさんが間違えなく彼女の記録を残すまでは平和だって事かな。
 な、何か起こるのでしょうか?ちょと不安です;
 平和って何ですか?微妙に怖いんですけど・・・。
 
>起きている時にこれだけはっきりと別の時間にリンクしたことは無かったの
>で、私自身慌ててしまいました。お騒がせいたしました。
 ええと、つまり今はまだ書かれては居ない、書かれる筈の
 未来のブログを読んでおられた。というような意味なんでしょうか?
 こちらには詳細がわかりかねますが、解決されたようでよかったです。
by kanon (2005-11-22 23:55) 

kanon

ぷりしら19号さん、こんばんは。
nice!ありがとうございました。
by kanon (2005-11-22 23:57) 

kanon

ともこ さん、こんばんは。
>森さんの回はなんとなく見逃してしまったのですが・・・
>こんなにおもしろかったとは!!
 放送はこの記事の何倍も面白かったのですよ。見逃されたの、残念です。

>森さんの前世は、こういっては何ですが・・・とってもロマンチックですね。
 ですね^^

>いつもは、ゲストの方が日本人のせいか、前世も「日本の○○」
>と言われることが多い気がするので、そういう意味でも新鮮でした。
 前世、外国って少ないですもんね。森さんは体格も声量も日本人離れ
 してるので、新鮮ですが自然な気もしました。

>森さんは、いまのご主人と結ばれて本当によかったですね^^
 本当によかったですよね^^

ねぎらいと応援のお言葉、ありがとうございました。
by kanon (2005-11-23 00:18) 

kanon

junko さん 初めまして。
オーラの泉の大ファンの方のお役に立ててよかったです。
楽しい時間を過ごされたとの事で、私もそういって頂けて何よりです。
by kanon (2005-11-23 00:47) 

yuuyun3939

kanon さん、はじめまして。
森久美子さんの回もう随分前になりますが、森さんの回だけ見逃してしまいました。”オーラの泉”ファンの私としては気になっていたのですが、kanon さんのブログを見つけアーヨカッタ!というかんじです。
スゴイです。ちゃんと再現されているなんて脱帽&感謝です!!
by yuuyun3939 (2006-04-28 22:36) 

momo

初めまして!
モリクミさんの回、見たかったので、じっくり読ませていただきました。
おかげで大満足です♪♪♪
これからも期待しています。
by momo (2006-04-29 15:53) 

ダイキ

毎回、時間と手間のかかる大変な作業を頑張って頂き、
ありがとうございます。楽しみに読んでます。

この森さんの回では、美輪さんと江原さんがはっきりと、

「この番組では決して、目先の視聴率目的で
出演者に恥をかかせるような、そんな品のない番組には決してしない」

というスタンスを示されていて、とても素敵だなと思いました。
時々、国分さんが振った話が無視されたり、噛み合わなかったり
する理由が、視聴者の皆さんにもはっきりとわかって良かったと思います。

kanonさん、いつも本当にありがとうございます!
by ダイキ (2006-05-08 03:49) 

キキ

はじめまして。
kikiといいます。
仕事でオーラの泉が見れないために
kanonさんのブログを見てます。
うれしいです。
本当に。
by キキ (2006-05-18 20:38) 

手羽先

こんな、親切なHPがある事に、私は感激しています。
番組の見のがしてしまった回、もう一度味わいたい回を
このHPを読んで、出演者の表情などを想像しながら、
思い出しながら楽しむ事が出来るのですから。。。
kanonさん、本当にありがとうございます。
by 手羽先 (2006-10-06 00:34) 

蜂の巣

三島由紀夫さんの洞察力ってすごかったな~と今になっても思います。
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/
by 蜂の巣 (2006-10-06 15:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。