So-net無料ブログ作成
検索選択

「オーラの泉」菅野美穂さん(十回) [オーラの泉30分ver.]

【オープニングトーク】
「はい、今夜のゲストはですね、もう大人気演技派女優の」太一くん。
「はいはいはい。私ね、雑誌の対談をした事があって、大好きなの!」美輪様。
「ほう、そうですか!」太一くん「真面目だし」美輪様
「でも、バラエティでも、あのけっこう出てて。活躍なさってたりするじゃないですか。
なので今日は色んな一面が見れるのではないかなと思うんですよね」太一くん。
「面白いよね」美輪様。「面白そうですね」太一くん
「実は大変な魔女だったり?はっはっははっはっ」美輪様。
「もしくは守護霊さんがイグアナだったりとか」太一くん。
「あはははは!」美輪様。一同笑。「ねえ」美輪様。

「国分太一・美輪明宏 オーラの泉」タイトルロール。


↑※お顔がわからない画像なら大丈夫かと、付けて見ました。
スピリチュアルチェックの前の部分です。

「菅野美穂さん、オーラの泉へようこそ」ナレーター。「よろしくお願いします」菅野さん
「それではスピリチュアル・チェックを始めます」ナレーター。「はい」菅野さん。

【スピリチュアル・チェック】
◇1.生まれ変わったら何になりたい? →えーと、どこか外国の、女性に生まれ変わりたいです。

◇2.あなたのストレス解消法は?→寝る事です。

◇3.よく見る夢は?→迷子になる夢。

◇4.あなたの好きな言葉は?→一生懸命。

答えたあと、菅野さん席に。四人並ぶ。

左手から
※菅野さん、大きく胸辺り開いたノースリーブの黒い地に細かい花柄のワンピース
その下に黒いキャミソール黒いぴったりめのロングブーツ
パールのネックレスと大きなパールのイヤリング。
※太一くん、白いジャケット、下にグレー、黒のTシャツを重ね着。アーミーグリーン色のパンツ、
白いスニーカー。
※美輪様、薄いオレンジベージュの長袖のドレス、同色のショール大きな円盤状トップの
金のネックレス。耳に大きな円盤状の飾り。
黄色のストレートのロングヘアにカチューシャで額を出している。
※江原さん、茶色の地に細かい横織りの入った羽織に白いお着物、白い足袋。

「よろしくお願いします」菅野さん。
「美輪さんとは対談で一度」太一くん。「お目にかかっています、はい」菅野さん。
「どうですか、美輪さんの印象は」太一くん
「すごく優しくて、でもすごくこう厳しい面もお持ちの方なので今日は緊張して来ました」菅野さん。
「すごい好印象ですよ。先程、ちょっと美輪さんに話を聞いたら」太一くん。
「そうですね?今日、叩けばホコリがいっぱい出て来ると思います」と俯く菅野さん。
「この後ですか」太一くん「この後出て来そうです」菅野さん。
「江原さんとは初めましてですか?」太一くん。「はい、初めてです」菅野さん
「よろしくお願いします」にっこりお辞儀する江原さん
「けっこう面白いような答えが出て来ましたよね」太一くん。「ね」美輪様。
「そうですか」菅野さん。「はい、ちょっと振り返ってみましょうか」太一くん。

【よく見る夢は迷子になる夢】
「まず、よく見る夢は『迷子になる夢』」太一くん。「はい」菅野さん。
「これは具体的に言うとどんな?」太一くん。

「自分がこう、迷子になってるのはわかってるんですけど、どこに居るかが、わかってないんです。
ただ、焦ってて、『どうしようどうしよう』っ思っていて。何か約束があったから早くそこに行かなきゃ
いけない思ってるんですけど、その約束も思い出せないんです、ふう」菅野さん。

「これやっぱり何かあるんですか?」太一くん。
「あのね、いや、夢で『思い癖』って言って出る夢もあります。例えばそういう『思い癖』で
そういう夢を見る場合は、自分の人生の中でのね『迷い』ってのが
強い時に見たりするんですけど」と江原さん。「はい」菅野さん。
「ただ、えーとね菅野さんの場合に限ってだけは、ちょっと違います」江原さん。
「ほう」太一くん。「あの、それは前世に関わる部分があってね」江原さん。
「前世」太一くん。「あのー菅野さん、目の事気になったりする時、ありますか?」江原さん。
「はい、すごく目悪いです。今も治療してます、はい」菅野さん。
「あ、そうですか。これ、えと語弊があったらごめんなさい。前世の部分でねあの目のね、
不自由な人だったってのがありまして」江原さん。

【前世・目の不自由な人だった】

「それでね、女性でね。で、多分ヨーロッパとかの西洋文化の中だったんだけども」江原さん。
「え~」菅野さん。「大変、苦労なさった。で、努力して自分の人生をしっかり作り上げて
あのちゃんと結婚もされてるんですよ、それでも」江原さん。「はい」菅野さん。
「それでねやっぱり?そういう不安さ、魂の思い出としてね、
引いてしまう事があるんです」と江原さん。
「はー、あの『生まれ変わるとしたら何になりたい、外国の女性』
って答えてるのはそういう部分」と太一くん。
「元に戻りたいのかしらねぇ」美輪様。「裏返しですかね」菅野さん。

「それでいて、景色を見てみたいってのがあるんです」江原さん。
「はい、はい。あの、旅行が凄く好きで言った事ない所に行ってみたいとか見たこと無いもの
見てみたいって気持ちがすごく強くて。どうして遠くに行きたい、海外に行きたいって思うんだろう?ってずっと気になってました」菅野さん。

「それは前世に」太一くん。
「景色を見てないからなんです。風を感じたり、匂いを感じたりする事は出来るんです、元々。で、
割と敏感なんです、匂いとか、風とかいう感じに。でも、景色を見ていなかったから見たい、
があるんです」江原さん。「そのヨーロッパの景色、自分の住んでた所だとか」美輪様。
「はい」菅野さん。「うん」美輪様。
「もう、そこで言えるのはね、あの今この理由がわかった事で目の事を必要以上に
心配する事はないですよ」江原さん。「は、どうもありがとうございます」菅野さん。
「そしてそういう心配があると、余計目を大事にしようとも思うし、
また見るものもしっかり凝らして見るようになるんですね」江原さん。
「マイナスであるものは、いつも美輪さんおっしゃるけどもプラスになる」江原さん。
「素晴らしい。ちょっと僕も一昨日位に夢見たんだけど、
僕の夢も聞いてもらっていいですかね?」と太一くん。「んふふふふ」菅野さん。

【国分太一が見た夢】

「カエルが大発生したんですよ」と太一くん。一同笑い。菅野さん、大受けしたらしく手を叩く。
「もの凄い量のカエルをどうやら大発生させてるのは
僕が全部育ててるらしいんですよ」太一くん。一同笑。
「うん、うん」と言いながらじいっと太一くんを凝視する江原さん。
「それはどういう心境に今僕がなってるのか」太一くん
「簡単です。また、部屋を散らかしましたね」江原さん。太一くん顔をくしゃっとさせて大笑い。
「あはは!」菅野さん「あはははは!」と右手で口を抑えて笑う美輪様。
「当たってますか?」菅野さん。「当たってますね!」笑顔で太一くん。「あはは」美輪様。
「気を付けます、ほんとに」太一くん。
「あのね、もう一つの意味がね、カエルは病気を表すの、夢で」と美輪様。

〔夢で「カエル」を見る事は「病気」の前兆〕

「そうなんですか?」とちょっと不安そうな顔になる太一くん。
「うん、だからあんまりそういう風に散らかしっ放しで、不衛生な所にいるとそのままいくと
病気になるのよ。だから「カエル」の夢を見たら注意しなさいって事だから。
ん、特に「ガマガエル」みたいなのは大病の前兆なの」美輪様。
「確か、きれいなカエルだったので、まだ大丈夫だと思うんですけどね」太一くん。
「よかったですね」と菅野さん。「よかったぁ~」太一くん。

【ストレス解消法は「寝る事」】
「ストレス解消法を教えて下さいに対して寝る事と。どれ位寝ますか」太一くん。
「寝る時は12時間位寝れます」菅野さん。「12時間!」太一くん。
「もう、全然スッキリするんですか、そうすると」太一くん。「なんか気持ちが晴々します、はい」
とにっこりする菅野さん。「寝る事と言うのどう、いい事っていうか」太一くん
「それはいい事よねえ」美輪様。
「眠る時は向うに帰りますからね。あの、霊的な世界にね」江原さん。「はい」菅野さん。
「だから、そういった意味では睡眠って事で幽体離脱を大事にするんです」

〔睡眠中は誰もが幽体離脱をして霊的な世界に戻っている〕

「で、向ういって様々なアドバイスを与えられたりだとか、色々メンテナンスをされて戻ってくる。
だからやっぱり体癒す時、心癒す時ってのは寝るに限るんです」江原さん。「ええ~」菅野さん
「すごい面白いですね」太一くん。「面白い仕組みなの。あのね、小鳥で実験しててね。
片っぽには食物を与え、片っぽには睡眠を与え。
そいで、あの睡眠を与えられた方には食物を与えない。
ほんで食事を与えられた方には睡眠を与えない。それで実験したらつまり、
眠りを与えてもらっても食事を食べなかった方が長生きするの」美輪様。
「ええ?!そうなんですか」驚く太一くん。「えぇ~」菅野さん。
「それ位睡眠ってのは大事なの。今、おっしゃったように。
あの世でつまり肉体だけでなくて脳や精神や色んなものをリフレクションする。
メンテナンスっておっしゃってましたよね、そう」美輪様。

「季節とか関係なくね、やたら眠くなる時ってありますよね」江原さん。
「あります、あります」と太一くん。
「そういう時は帰って来いっていうっていう。作戦タイム、帰って来なさい」
右手を横にその下の真ん中に左手を縦にしてサイン出すような手の格好の江原さん。
「へー!じゃ、しっかり寝ると言う事がストレス解消にもなってる」太一くん。
「んだよ」美輪様。「んだよ」太一くん。一同笑い。

「そういった眠りにはいろんな種類があってね、霊がとっ憑いて来た時。
そういった時にね。抗しがたい位に水面に押される。
必ずこう来てる時ね。そういう眠りもあるの」と美輪様。
「へぇ~」太一くん。「そう」美輪様。
「それは自分でもわかるもんなんですか?今、眠いけど霊が来てるな、とか」太一くん。
「それは素人さんにはわからないわよね」美輪様。
「美輪さんにはわかりますか?」太一くん。
「私たちにはわかるわよね」美輪様。「すげえ」太一くん。頷く江原さん。

「ゲップが出てくるし」ね美輪様「ゲップ」江原さん。
「それはいい霊、悪い霊に関係なく、そうなるんですか?」太一くん。
「でも、いい霊はあんまりそういう事はやらないわね。
不成仏霊とか悪霊とかいうものが多いですよね」美輪様。
「ですから体の治療とかする人ですごく長けてる人ってね、ゲップしながらやる人多いんですよ。
要するに、その人の悪いものを自分で受けてるからゲプゲプ。
そうするとスッキリしてくるんですよ、受ける側は」取り込んで出す感じの手振りの江原さん。
「受ける側がすっきりするんですか?」と太一くん。「うん」江原さん。
「一瞬、この人なに治しながらなんでゲップしてるんだろう?って思いますよね」太一くん。
一同笑。「そうですよね、ちょっとヤダ、触られたくないと思いますよね~」
と上向いてから笑顔で言う菅野さん。
「受ける側のために出ているゲップ」太一くん。「そう」美輪様。
「すごい、そんな事があるんだ」菅野さん。「よく出ない?」美輪様。
「ゲップ、出ますね」菅野さん。「出るんだ!」太一くん。「出ます」菅野さん。

「でも、霊感が全く無いんです」菅野さん
「いや、そんな事はない」と菅野さんを指差す美輪様、江原さん、首を横にを振る。
「嘘嘘」美輪様。「実感した事一回もないんですけど!」菅野さん。
「実感してないだけ、意識してないだけで霊媒体質よねぇ」美輪様。
「もんのすごい霊媒体質」江原さん。「ええ~!!」と目を見開く菅野さん。
「今日お目にかかってね、スカウトしたい位です」と力強く語る江原さん。
「あははははは!」とハイトーンんば声で笑いつつ手を叩く美輪様。
「スカウトしたい位」とびっくり気な太一くん。「スカウト」と江原さん。
口に片手を当ててから前髪をかき上げる菅野さん。
「それは何を見てなんですか」太一くん。「オーラ」江原さん。「オーラを見て」太一くん。
「楽しみ、楽しみ」美輪様。「じゃあ、ちょっと行きましょうか」太一くん。

【菅野美穂・オーラのカルテ】
〔菅野美穂のオーラ〕
「オーラの色をどんな色ですか」太一くん。「でね、色もそうなんですが、大きい。
とにかくオーラが大きい。あの、よく『あの人はあのオーラがあるとか言いますでしょう。
無いって言ったら遺体になっちゃうんですね。そんな事無い、みんなあるんです。
あるのは強いか弱いか。オーラが大きいってのは強いって事でね。
いや、それだけアンテナ感度が優れてるんですよ」江原さん

〔霊的な感度が優れている人はオーラが大きい〕

「だからこう霊的に感度の高い人は美輪さんもそうだし、大きいんですね」江原さん。
「それは前世でね散々、魂や色んな思いの苦労苦労苦労したのが修行になってるわけ。
その修行を経てここに来たからランクが一つ上がってるんですよ。前世より」美輪様。
「うーん」と太一くん。菅野さん、頷く。
「だからランクが上がってるから、霊媒能力っていうのかしら。
それがあの修行によって倍加されてるわけですよね」片手で上がって行くしぐさの美輪様。
「そうです。でも国分さんもわりと大きいですよ。うん、ちゃんと輝きがあるんですよ」と江原さん。
美輪様、菅野さんパチパチと拍手。「ただ、合わさっちゃう、かぶっちゃう」江原さん。
「え~、オーラが今かぶってる」と太一くん。

「だから、菅野さんを見るって、こう合わさっちゃうもんだから、
ね。こっち半分(菅野さんの左方向を)見てればね大体わかってくるんだけども。
そこで言えるのはとにかくね金シルバーそしてグラデーションになってる黄色とか、
オレンジとかそういうわっと出る」と江原さん。

【オーラの色:金・シルバー・黄色・オレンジ】

「すごくきれいなオーラなんですね」江原さん。「ええ?!」菅野さん。
「だから元来は陽気な部分も凄くあるんです」江原さん
「はい」とにっこり笑う菅野さん。「自分ではひょうきんな部分も」江原さん。
「はい、わかります」菅野さん。

〔黄色系のオーラ・・・陽気、朗らか〕

「ちょっとだけ霊視で覗かせて頂いたら。自分でけっこう私生活の中で自分で自分のツッコミ、
口で言ったりする所、見えてごめんなさい。面白い人だなぁって。だから自分でなんちゃって、
みたいな事をおっしゃって一人で」と江原さん。
「はい」菅野さん、まいったなという様子で。
「独り言が多いんじゃないですか、けっこう」太一くん。
「わかります、真面目になったら。あ、真面目になったら恥ずかしいとか
素になったりする時ありますね」菅野さん。「ほぉー」太一くん。

〔菅野美穂の守護霊〕
「守護霊さんてのは、どんな感じの方」太一くん。
「いわゆる、ふっ、霊能者」江原さん。

【守護霊:霊能者】

「えっ?が居るんですか」太一くん。「面白い」美輪様。「へぇ~」太一くん。
「日本の方ですけどね、女性の方。あのすごく『見える』人なのね。で、いてあの色々と
人にアドバイス出したりとかあと、お体の事とか癒して差し上げてた方です。
ある意味なさってる仕事、女優さんという形だけれど。
ある意味では癒しを提供してらっしゃるかもしれませんよね。世の中の方達に」江原さん。
「あー」太一くん。「ありがとうございます」と頭を下げる菅野さん。

「私はこれから、何を頑張ったらいいですかね?」と江原さんに聞く菅野さん。
「霊能者になりませんか?」と江原さん。
「そんな、スカウトして頂いちゃって、嬉しいです」菅野さん。
「あれですね、霊能者の方が付いていても、菅野さん見えていない状況ってのは
不思議な事じゃないですか」太一くん。
「それはもう、今だって、それをする目的じゃないの。やっぱり女優さんとして、ね」江原さん。
「これからもしかしたら、ある可能性もあるんですか」太一くん。
「ありますですよ」とにっこり笑う江原さん。

「そう、あのね。キャパシティが決まってるわけだから。
今、女優さんでね、のってるわけですから。
映画やドラマもあるし、バラエティも出てる。そうするとこれだけのキャパシティのもの、
こなすだけでも大変でしょう?それ以外にその霊能者のそっちのまで、っつったらね、
その守備範囲が広がっちゃうわけだから。よくね、江原さんがおっしゃるにそういう場合は私、
『ロックします』って言ったでしょう。それ、意識してロックしてそっちはお休み」美輪様。

「なるほど!」太一くん。
「しません。こっちの方のしません。コンサートだけだったらコンサート方だけ。それと同じなの。
だから、その能力は持ってるんだけど、一応、置いといて、って事なのよね」美輪様。
「はあー!面白い。ってIいう事は自分でいつか開ける日が来るかもしれないって事ですかね、
そのロックを」太一くん。

「いや、上からのあの指令であの美穂ちゃんがそれだけの色んな修行過程があるわけよ、
心の。ここまで来たなっていうと、今度女優さんの仕事がうまく行かなくなってくるのよ」美輪様。
「こー(わい?)、なるほど」菅野さん。「今度、おまえにはこっちの仕事があるんだぞ、
とそっちに連れてかれちゃう」美輪様。
「ほー、これ、いつか、菅野美穂の『オーラの泉』が始まるかも知れないですよね」一同爆笑。
「あはは」菅野さん。「あなた、あなた失職するのよ、クビになる」美輪様。
「クビなるんですね、これ」太一くん。「あっはっは」美輪様。「へぇー」菅野さん。

「そしてあと、もう一人いらっしゃるのが、武家の奥方がいらっしゃいます。はい奥方が」江原さん。「武家の奥方が」太一くん「武家の奥方の方、多いわね、ね」美輪様。
「多いです。やっぱりある程度のね、人生経験、がないと守護霊になりにくいって事なんです」
と江原さん。「守護霊にも資格があるわよね、そうなの」美輪様。「資格が、へー」太一くん。

「だからやっぱりそれなりに色んな経験を重ねてる人のほうが守護霊としての役割を
持ちやすいわけなんです」江原さん。
「え、っていう事は途中から自分でけっこう色んな事やるようになってから付く守護霊さん、
ってのもいるんですか?」と太一くん。
「変わったりしますよ」江原さん。「え、そうなんですか」太一くん。
「だって、例えばすごく高い守護霊さん居たとしますよ、ね。で、自分であまり努力してなかったら
付く意味ないでしょ。あの今手を助ける、自分でなくていいだろうと。もっと下の、下のって言ったら
失礼だけれども」江原さん。「見捨てられたりするんですね!」菅野さん。「そうそうそう」美輪様

「だからね、例えば部長さんとか重役位の人が付いてたのが、ね。こいつもうじゃあ
どうしようもないからってんで、おまえっやっとけって、係長くらいの人が守護霊っていってね。
バトンタッチさせられる場合があるのよ」美輪様。

「へー面白い。僕も、守護霊を課長から部長に上げたいんですけども」太一くん。
「いやいや、それはあなたが勝手に上げれるわけじゃなくて。
つまり魂の上品、中品、下品ってあるのね」美輪様。「はい」太一くん。
「クラスがあるわけよ。自分の魂のクラスが色んな事で試行錯誤しちゃって反省したり、
色んな事をしちゃって上がって行くでしょ、人格的に。そうすると守護霊も
『あ、もう私の手に負えませんて。ここまで、この人は偉くなっちゃたからもっと偉い人
連れてきましょって事になるの。選手交代になるわけ」美輪様。

〔上品〔じょうぼん)・中品(ちうゅぼん)・下品(げぼん)
                       :霊的な世界で魂のグレードによって分けられる階級〕 

「その守護霊さんで今まで守って来た事がよくお前さん、ここまでやったってが成績が認められて
その人も格が上がるのよ」美輪様「へええ!そうなんすか」太一くん。
「それはお互いに幸せですよね。その守護霊さんも嬉しいし。それだけ成長なさって」江原さん。

【オーラの言葉・苦労や反省を重ねると守護霊のグレードも上がる】

「それは自分が反省してる事も大事だったり、色んな事経験したり、する事によって
僕の守護霊さんも幸せになれるし」と太一くん。「そうそうそうそう」美輪様。
「これはいい話聞きましたね」太一くん。「はい」と菅野さん。「そうよね」美輪様。
「ちょっと別れるのは寂しいですけどね」太一くん。「そうですよね」菅野さん。

「いや、全然縁が切れちゃうわけじゃないんだもん」美輪様。「あー」太一くん。「え~」菅野さん。
「担当が替わるだけで同じ部署には居てくださる場合もある。んで遊びにも来て下さる」美輪様。
「遊びにも来て下さるんですか!」太一くん「そうそう」美輪様。「はぁ~面白ーい」太一くん。
「へぇ~」菅野さん。

「そういう風になってんのよ。ただね、さっきからね。あの、その菅野さんのね。
前世の目の不自由だった方がね。
あのちょっと太った方だったみたい。もの凄くね、太った方だったの。
こんなに痩せてらっしゃらないのね。」
と江原さんの方を向いて話す美輪様(こんなに痩せてらっしゃらない、は菅野さんの事を指している)

「あんまり動かれ体なんですよ」江原さん。
「あ、そうね。動けなかったから、お太りになられていたかもしれない。
運動不足で。その方がね江原さんにね、『よく言って下さった』って感謝してて。
後ろでとっても喜んで下すってんのよ。うん、やっと出られたってね」美輪様。
「感動するでしょう?」江原さん。「感動しました」菅野さん手のひらを重ねて。
「それは菅野さんじゃないの。
その霊が思ってるから、だから、すっごくこみ上げて来るでしょう」江原さん。

「そう。だから自分がね、ものすごーく苦しい一生をあれして、戦って来たわけね。
それがやっとみんなにわかって、表に出られて『は~!これで私はやっと成仏出来る』
っていう風に思ったわけね。そうなの、その方がつまり、あなたの前世でもあるわけで、
あなたの細胞でもあるから。だから涙が出てくるわけ」美輪様。「はい」指先で涙をぬぐう菅野さん。
「ほら充分、霊媒でしょ」江原さん。「いえいえいえ、はい」菅野さん。
「そういう方がね、あのいらっしゃるのよね。あのね、その太った方のそのお母さんも、
お母さんがね、もう」美輪様。「感謝してらっしゃる」江原さん。

「年取ってからの子供らしいんだけれどね」美輪様。「あ、そうなんですか」太一くん。
「だから『この子を置いたまんま死ねないしね』、って思って亡くなった」美輪様。
「あ、そうなんですか」と哀しそうな顔の太一くん。
「皆さん、とっても本当に喜んでらっしゃるのよ」美輪様。
「はい」菅野さん。「はぁ~、やっと世に出られた」美輪様。うんうんと頷く菅野さん。
「いやぁ~菅野さん、これほんとに今日は」太一くん。
「えっとこの番組で泣くとは思わなかった」菅野さん、笑顔で。
一同笑。江原さん手を叩いて爆笑。
「それはすごいすよ。何かを感じたんですよ、今日、初めて」太一くん。
「だから江原さん、言われたとおりに霊媒体質なのよ。だから後ろに付いらっしゃる方の想いが込み上げて来ちゃって、で涙になって流れ出る。故なくして涙が流れるわけじゃない」美輪様。

「だから、菅野さんにね、気が付いて欲しいのは、今生ねとっても今みたいな活動をなさってる事、
色んなこう経験が出来る事。実は魂の中ではもの凄い喜びなの」江原さん。「はい」菅野さん。

〔様々な経験や苦労が出来る事は前世の方にとっては「喜び」〕

「その前世のね方にとって。だから時々菅野さんね、落ち込んだり煮詰まったり結構激しいんです。
だからその時ね、この事を思い出してもらいたいんです」江原さん。「はい」菅野さん。
「そうするとね、どんな事も出来る、ええいって、やらせてもらえるから経験出来るんだ。
嬉しいっていうね」江原さん。「はい」泣きながら菅野さん。

「その気持ちにね、これを機会に変えられるはずなの。だから今日のねこの前世のメッセージね。
そういった事が今後の菅野さんをね、より前向きに変えられるはずですよ」江原さん。
「はい」強めに答える菅野さん。「すてき、すてき」美輪様。
「すてきじゃない、先が薔薇色って事はね」と美輪様。「そうですねー」太一くん。「そうよ」美輪様。
涙をぬぐい続けながらも、とてもすがすがしい表情の菅野さん。

「いや~。ちょっと自分の中では感動して泣いているっていう部分」太一くん。
「なんともいえない気持ちです、なんかこう」菅野さん。「複雑でしょう?」美輪様。
「うーん、あのあんまり他で、こういう気持ちになったりしない気持ちです。
あの、ただちょっと似てるかなって思ったのはうち母がクリスチャンで、
教会学校に母によく連れてっ行ってもらったんですけど。
牧師先生があの、じゃお別れの前にお祈りしようって言ってくれて『元気で頑張れるように』
っていう風に言って下さってるのに涙がボロボロボロボロ出て来るんですよ。
その時の感覚に今ちょっと似てる」菅野さん。
「同じですもんね、そうそうそう」美輪様と江原さん微笑みながら菅野さんを見る。

「後ろの方、クリスチャンだったからね」美輪様。「向うの人だから」江原さん、うんうんと頷きながら。
「向うの人だから」美輪様。「そうそうそう、だから前世が」美輪様。
「ああー」理解した表情の菅野さん。
「そして、やっぱり前世ともう一つ似てるのはね、やっぱりお母さんに連れられて
お母さんがいつも心配や守り愛情で、自分はいつもそっちを見てる」江原さん。
「あははは」と頷く菅野さん。「ふふふふふ」と美輪様。

「だからお母さんだけはとにかくね。元気で居て欲しい、っていうね。自分の常に想いが」江原さん。「あります」太一くん。「お母さんもあなただけをいつも想ってるっていう」江原さん。
「はいっ」菅野さん。「もう、そう。一言一句間違い無く。ほんとその通りだと思います」菅野さん。
「それは前世と似てる部分なんですか」太一くん
「前世ってもっとだって過酷な中だから。そういう絆って生まれるんですよ。
変にね平和で満たされてる方が絆ってのは薄くなっちゃうんです」江原さん。「そうよね」と美輪様。

〔環境が苛酷なほど強い絆が生まれる〕

「いやー」菅野さん。「そういう意味では、大変愛情面ではとても恵まれてるわよね」美輪様。
「はい」菅野さん。「ねえ」美輪様。「ありがとうございます」菅野さん。
「今後、霊媒師になれるって事だけわかっただけでも」太一くん。
一同爆笑。美輪様手を叩いて大笑い。江原さんずっこける。
「ほんとですね~」菅野さん。「それはいい事ですよね」太一くん。「はっは!」美輪様。

【エンディングトーク】
「今日は色んな発見が」太一くん「はい」菅野さん。「出来たと思うんですけども」太一くん。
「ええ、私、これテレビじゃなかったら号泣してたと思います」菅野さん。
「もう、号泣してもらってもよかったのに~」太一くん。「ほんとですか?」菅野さん。

「オーラの感度が言ってたじゃないですか。これからは芸名を『感度美穂』にして」太一くん。
「はははは!」と菅野さん、手をパンと叩いて爆笑。『はははは』と美輪様の笑い声。
(画面には菅野さんと太一くんのみ)
「そんな菅野さんですけども、今週土曜日に感動するドラマを」太一くん。
笑ってた菅野さん、笑いをぴたりと止めて。

「はい、そうです。『ラストプレゼント』っていうタイトルなんですけど。
堂本剛さんと共演させて頂いたんですけど。
私はやがてこう自分が死ぬって事わかって、残りの自分の人生
最後の時間を旦那さんに全て捧げようっていう夫婦のお話です」菅野さん。
「その時もしかしたら自分の考えてる事じゃない所で動いていた、
かもしれないですね今のは」と太一くん。
「ああ~。もう一回、カンパケ見てみてチェックしてみます」菅野さん。「自分で、はは」太一くん。
「こういうのとか、あれみたいな。もう一回」菅野さん。

【菅野美穂◇オーラのカルテ】

◇オーラ・・・・金・シルバー・黄色・オレンジ
◇前世・・・・・目が不自由な女性
◇守護霊・・・霊能者、武家の奥方

【オーラの言葉・・苦労や反省を積み重ねると守護霊のグレードも上がる】

↓「ニュースの視点」さんでは、きれいに要約されたものが読めますよ。
http://blog.livedoor.jp/muramatsuk/tb.cgi/24487311

アップが遅くなりましてすみませんでした。
長くなりましたが読んで下さってありがとうございました。

次回は南野陽子さんです。


nice!(6)  コメント(37)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

nice! 6

コメント 37

ゆうゆ

お疲れ様です。
いやー、面白かったです。
私の中では今までで一番かも!!
頑張らないと、わたしもっていう気持ちになりました。
by ゆうゆ (2005-06-10 04:17) 

みんみん

菅野さんのを見逃してしまい気になっていました。幸運な事にこちらのサイトを見つけました。これでスッキリしました。本当にありがとうございました^-^
by みんみん (2005-06-10 09:04) 

さくぼん

 仕事中に読んでいたのに、感動して泣きそうになりました!
 なんだか優しい気持ちになれてうれしかったです。
by さくぼん (2005-06-10 10:16) 

ktkt

いつもありがとうございます!
私の住んでる地方では放映がされていないので、こちらで拝見させていただいてます。
ちゃんと臨場感ある文章で、映像が見えてくるようですね。
by ktkt (2005-06-10 11:25) 

ちから

いやあー、助かります!見れないと思ってただけに、ここにたどり着いて感謝してます。まじで!ここまで細かくやってくれてほんとテレビの感じがビシビシ伝わります。ほんと助かりました。
by ちから (2005-06-10 14:13) 

NO NAME

UPありがとうございました。菅野美穂さんのは、すごく見たかったのにその日疲れてビデオを取り忘れとても残念に思っていたので感謝します。
長くて大変だったのでは?他にもありがたく思っている人は、いっぱいいると
思います。
by NO NAME (2005-06-10 14:50) 

キミー

ご無沙汰してます。菅野美穂さん(><*)好きな女優さんの1人です。
しっかし武家の奥方様が守護霊の方って多いですよね!またか!と思いました。
菅野美穂さん、それ以外の名女優と言われる方々は普通の人よりは霊感が鋭いだろうなとは思っていましたが、
江原さんにスカウトされるぐらいの霊媒体質なんてすごいな。
オーラの色も綺麗ですよね。ほんとにピカー!って感じ。一気に悪霊を払拭できそう(笑)
by キミー (2005-06-10 15:36) 

kazu0705

こんばんは。今回もお疲れ様でした。
体調はもう大丈夫でしょうか?

何だか読んでいるだけでも心が洗われていくようで、感動しました!
菅野さん、ますますファンになりました♪今週のドラマも楽しみです。
いつか『感度美穂』でお仕事される日がくるんでしょうか(笑)
その時は霊媒師としてかな。。。

また来ます(^O^)

(これから部屋のかたずけはマメにしようと思いました・・)
by kazu0705 (2005-06-10 18:01) 

orenji

毎回楽しみにしてます。放映されていないので大変助かりますよ(感謝)
今後もできる限りつづけてほしいです!
by orenji (2005-06-10 23:43) 

sako

私の地方でも放映はされていないので、upしていただいてとても助かっています。でも、ますますTVで見たくなるんですけどね。
これからも宜しくお願いします。
by sako (2005-06-11 01:00) 

kanon

>ゆうゆさん、面白かったですよね。
色んな体験をするって大事なんですね。私も頑張ろうと思いました(^^)
by kanon (2005-06-11 11:07) 

kanon

みんみんさん、見逃した時って本当に
内容気になりますよね。お役に立ててよかったです。
by kanon (2005-06-11 11:09) 

kanon

さくぼんさん、お仕事中でしたか(^^)
私も菅野さんが泣いた所でもらい泣きしてしまいした。
終わった後、こう、ジーンとしてしまいました。
by kanon (2005-06-11 11:12) 

kanon

ktktさん、そちらでは放映されてないんですね。
文章だけですが、お役に立ててよかったです。
臨楊感は、番組の構成がいいからだと思いますが、
そう言って頂けて感謝です。励みになります。
by kanon (2005-06-11 11:16) 

kanon

ちからさん、お役に立ててよかったです。
細かいですか?まだまだ改善しなくていけない所がありますが
そういって頂けると嬉しいです。
by kanon (2005-06-11 11:19) 

kanon

NO NAME さん、見たい番組の時に限ってなぜかとても
疲れてたりってありますよね、本当に。
お役に立ててよかったです。確かに今回は内容が多く、
長くなってしまって大変でした(^^;)
でも、誰かのお役に立ててたら、それで良いんですよ~。
by kanon (2005-06-11 11:25) 

kanon

キミーさん、お久しぶりです。私も菅野さん好きですので今回嬉しかったです!
武家の奥方様が守護霊が多い事については資格、ということで今回、説明されてましたね(^^)武家の奥方は特に苦労や経験が多かったのでしょうね?

スカウトにはびっくりでしたね。いつか、そっちの仕事されてる菅野さんを見れるのが楽しみです。女優さんも長くやって欲しいですけどね。
by kanon (2005-06-11 11:34) 

kanon

kazumiさん、こんにちは。
おかげさまで復調しました。

私もドラマ見ようと思います。『感度』ってついてたら笑えますね。
部屋の片付け、太一くんみたいにカエルが夢に出ない内にやらなくては(^^)ですね。
by kanon (2005-06-11 11:40) 

kanon

orenjiさん、お役に立ててよかったです。
出来る限り続けますので、よろしくお願いします。
by kanon (2005-06-11 11:43) 

kanon

sakoさん、お役に立ててよかったです。
放送地域が早く拡大されると良いのですが。
こちらこそ、よろしくお願いします。
by kanon (2005-06-11 11:47) 

yumi

毎週、本当に楽しみにしてます。大阪では放送されていなくて…
本当に残念ですが、kanonさんには感謝感謝です。
いつも、この番組で「心がホンワカ」するんですよね~
菅野美穂さんのドラマ、涙、涙でした。
「オーラの泉」を見る前から好きでしたが、ますます好きになったような気がします。「ありがとう」って感じです。
来週の南野陽子さんもすごく楽しみです。たいへんだと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
by yumi (2005-06-12 00:10) 

kanon

yumiさん、はじめまして。
菅野さんのドラマ、切なかったですね。

心がホンワカしてますか?私は聞き書きしてるだけなんですが、
そう言って頂けるとなんだか嬉しいです。

こうしてコメント頂けるのは何よりの励みです。
こちらこそよろしくお願いします。
by kanon (2005-06-12 21:27) 

大介

毎度、おつかれさまですー! 私はやっとアップしました。ほんとにあっぷあっぷです…と、ダジャレをこいてる場合じゃなくて、今日は南野さんのでしたね。見ていて、個人的に南野さんと似てる部分がたくさんあるなと思って、とても面白かったです。kanonさんのサイトを拝見すると、自分の実況まちがいがわかったりして(でもあえて直さなかったりしますが)とてもためになります。次回もまた~!
by 大介 (2005-06-14 03:20) 

kanon

大介さん、お疲れ様でした。
南野さんの意外な素顔見れて面白かったです。

間違ってるのはきっと、私のほうですよ(^^;)
あまり突き詰めると、しんどすぎて続ける事自体が出来なくなりますから。
こちらこそ、音楽が会話にかかってる所まで聞き取っておられて、
「こんな事言ってたんだ」ってわかってためになっています。
でも、最初にアップした、そのままにしてます~。
by kanon (2005-06-14 20:45) 

ニュースの視点

南野さんの要約レポートアップしました。
ほんとに20年間変わらない。
いやあ、全く美人。
菅野さんもそうですけど。

オーラが真っ赤とは。
テレビでは全然わからないですね。
美人はいいけど内側は見えないもんです。
by ニュースの視点 (2005-06-14 21:41) 

kanon

ニュースの視点さん、要約お疲れ様でした。
ほんとにお変わりなくて、美人ですね(^^)

オーラの赤、「スケバン刑事」はじゃあ、はまり役だったんでしょうか?
内側はわからないものですね。そのベールを脱がしてくれる「オーラの泉」って
そういう意味でもすごい番組ですね。
by kanon (2005-06-15 21:05) 

ざくろ

菅野さんのファンで、一番見たかった番組を録画できずに見損ねてしまいました。これだけ詳細にレポしてくださいまして本当にありがたいです。あぁ~やっとすっきりいたしました。ありがとうございます。
by ざくろ (2005-09-03 19:00) 

kanon

ざくろさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
ファンなのに見れなくてそれは悔しかった事ですよね><
お役に立ててよかったです。
菅野さんの回は見ながら一緒に泣いてしまいました。
私も好きな女優さんなので、これからのご活躍、期待しています。
by kanon (2005-09-03 22:21) 

琵琶

守護霊についての疑問、菅野さんの回を読み返してちょっと
解けました。
やはり重い人生経験をなさった方が守護霊
になる・・。
私のご先祖?みたいに農民で、のほほん平和に。
という人間はならないのでしょうね。
by 琵琶 (2005-09-26 16:13) 

kanon

琵琶さん、こんばんは。

農民でも、昔は大変苦労が多かったと思いますよ。
重い人生経験をなさった方がなるっていうのはきっ条件のようなものに
あるのかもですね。
by kanon (2005-09-27 23:35) 

琵琶

お返事ありがとうございました!
<農民でも、昔は大変苦労が多かったと思いますよ。

えへ、そうですよね。でも農民の苦労には守護霊になる資格が
なく、武家のそれにはある・・二つをわけるものはいったいなんなん
でしょうね・・?
そのうち解説があるかな・・。

美輪さんと対談した女優さんといえば、私の頭にまっさきに
浮かぶのは「緒川たまき」さんですねぇ。
(「トリビアの泉」の「ガセビアの沼」コーナーに出てくる女優さん)
あとは、大竹しのぶさんとか。
それから美輪さんがご著書でプッシュしておられた宮沢りえさん。
このお三方にもいつか出てもらいたいなあ。
by 琵琶 (2005-09-28 08:42) 

kanon

琵琶さん、こんばんは。
>二つをわけるものはいったいなんなんでしょうね・・?
>そのうち解説があるかな・・。
 気になりますね。解説して下さると良いですよね。

緒川たまきさん、(知ってますよ。彼女、猫好きで有名ですから^^)
大竹しのぶさん、宮沢りえさん。お三方、出て欲しいですね。

今年、ラッキーな事に、お芝居で生で緒川さんと大竹さんは拝見する事が
出来ましたが、オーラが見えなくても彼女達が輝いているのはわかりますね。
by kanon (2005-09-29 20:11) 

こころ

はじめまして。菅野美穂さんの回がどうしても見たくて探していました。
(まだこの頃は私の住む町ではオーラの泉の放送がなかったのです)
ゲップについてのお話を知りたかったのです。

長い番組をこうして聞き取って紹介してくださっていること、心から感謝しています。大変な作業だと思います。ありがとうございます。

江原先生のラジオ番組も10月6日から始まりましたよね。。。残念ながら、私の住む町は田舎で、番組を受信できません。もしも可能でしたら、ぜひぜひラジオ番組の内容も紹介していただければ…と心から願っています。

では、お身体を大切になさって、これからも素敵なブログを続けていってくださいね。応援しています。(人-)
by こころ (2006-10-07 09:41) 

mika-ring

ご存知かと思いますが、Yahoo!テレビで「美輪明宏」で検索したら、ひっかかったので書き込みます。

> 知るを楽しむ・人生の歩き方 「逆境を生きる」 My番組表に登録する
>
>
> 10月11日(水) 22:25~22:50
> NHK教育
> Gコード(2552035)
>
> カレンダーに追加
>
>
>
> 知るを楽しむ◇作家のなかにし礼氏が、生と死を見詰めながら時代をつくってきた人生論を語る2回目。満州(現中国東北部)から引き揚げた後、一獲千金を夢見てニシン漁を始めた兄がモデルだという代表作「石狩挽歌」。漁に失敗した後、9歳のなかにし氏をはじめ一家は全国を転々とした。中学までずっと転校を繰り返した彼はひどいいじめを受け、友達もできなかったという。そんな孤独な青年の救いになったのが音楽だった。自分の生きる場所を探して、音楽にのめり込んでいったなかにし氏の青年時代を振り返る。
>
>
> 美輪明宏, なかにし礼
by mika-ring (2006-10-11 10:09) 

通りすがり

美輪様の音楽会、神奈川県立県民ホールのほうでもよろしければ
まだチケットとれるみたいです。
チケットぴあPコード:372-271  ローソンチケットLコード:32057
by 通りすがり (2006-10-16 14:48) 

NZ 

心から感謝するって本当に大事ですよね。でも結構難しかったり、見逃したりしてしまっているような気がします。日頃の生活の当たり前のと思っている事がすでに奇跡ですよね。若い頃よりは感謝の気持ちが深くなったと、色々な経験がそうさせてくれるのでしょうね。本当に感謝です。美和様と江本さんのゲストに対する言葉を自分に対することのように毎回愛読しています。有難うございます。-横浜のラーメン食べに行きたいです!
by NZ  (2006-10-31 04:56) 

TAGU☆KOTO

この番組が好きで、NYにきてからこのブログが好きです!
またちょくちょくきます!
菅野美穂さんの声が聞こえてくる感じが良かった!
by TAGU☆KOTO (2010-02-27 14:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。